« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月27日 (月)

昔の機内サービス

Kinaisando かつては国内線の普通席でも食事時間帯に飛ぶと、サンドイッチや寿司などの軽食のサービスがあり、それ以外の時間帯でも飲み物サービスの際に、クッキーや小さいケーキなどが入った小箱を提供したものでした。しかし今では軽食サービスだけはあるものの、質を落としたものに代わりました。写真はクリックで拡大。

その当時は乗客が搭乗すると必ず「おしぼり」のサービスがありましたが、経費節減のあおりで週刊誌や新聞のサービスと共に廃止されてしまいました。新聞についても当時各地の空港から朝出発する初便の飛行機には、日経新聞や三大全国紙を搭載して、乗客のサービスにあてていました。

Shinbun ビジネス客が特に多い東京、大阪線では初便に大量の新聞を登載していましたが、大阪のサラリーマンの中には売店で新聞を決して買わずに、機内に用意した新聞を一人で二部も三部も取って座席で読むサラリーマンが必ずいました。それも一人や二人ではありませんでした。一人が多くの部数を取って行けば、後から乗る人には新聞が不足するのが当たり前ですが、大阪人に多い 自分さえ良ければ、他人のことはどうでもよい とする公衆道徳(?)の欠如と、何事につけても「シマツ(節約)する」という厳しい金銭哲学の結果でした。

井原西鶴が「世間胸算用」の中で、「金銀は商人の氏(うじ)、素性(すじょう)、商人のカネ無いのんは、首無いのんと一緒や」と書きましたが、大阪人 には江戸時代から現代に至るまで、その D N A が受け継がれているのでしょう。

飛行機とは関係がありませんが、毎年「ヒッタクリ」や車の「ひき逃げ」件数が全国一位という汚名を持つのと、無関係では無さそうです。

Keshouhin 大阪のことだけを書くのは不公平なので、ついでに名古屋の乗客のことも書きますと、ここも問題の多い土地柄でした。以前は機内のトイレに「ヘアー・トニック」や「ローション」などの整髪、化粧用の瓶を置いていましたが、名古屋空港に離発着するとそれがきまって盗まれました。トイレを使う乗客が瓶ごと持って行くのです。そこで盗難防止の為に瓶の蓋を外したものを置くことにしましたが、瓶を傾ければ中身がこぼれるので盗まれないと思ったからでした。

ところがそれでも盗んで行くのです。一説によると出張の際にサラリーマンが予め「ビニール・テープ」を用意して搭乗し、瓶のフタ代わりにビニール・テープを口に巻いて持ち出すのだそうです。会社もこれにはお手上げで、とうとう国内線での整髪、化粧品の搭載を止めにしました。

また名古屋の乗客は「ゴネル」のが多いのでも有名でした。飛行機の到着が遅れるとタクシー代を出せとか、商談に遅れた、入札に遅れたなどと 言いがかりを付けては、カネを「せびろう」とする連中がいました。東京と大阪の経済圏に挟まれて生活し、商売する土地柄から、それなりの「キビシサ」が自然に身に付いたのかも知れません。

2006年11月22日 (水)

行くと損する空港

B4cockpit1 民間航空機が雲や吹雪の中、暗闇でも安全に飛ぶ為には、計器を見て飛行機の姿勢や位置を判断して飛ぶ、計器飛行方式で飛行します。その際には天候の悪化により目的地に着陸できない場合に備えて、飛行計画には必ず代わりの空港(代替空港)を選定し、目的地からそこに行く分の燃料も積まなければなりません。 写真は B-747-400型機の コックピット、クリックで拡大。



Seatac ある冬のこと金野氏は北米 アラスカ州にある Off Line の アンカレージ 空港を経由して、メキシコとの国境に近い アリゾナ州南部にある ツーソン( Tucson )に飛びましたが、その際には アンカレージ に最も近い フェアバンクス 空港が、吹雪のために代替空港の選定条件を満たしませんでした。

そこで南南東に三時間の距離にある、 太平洋岸のワシントン州、 シアトル にある シータック( Sea-Tac、シアトル・タコマ)空港を代替空港に選んで出発しました。シアトルは例の イチロウが所属する マリナーズの本拠地があるところで、航空機 メーカーである ボーイング社の大きな組み立て工場があります。
成田から アンカレージまで約七時間、そこから シアトルまで三時間の合計十時間分の燃料を積んで出発しました。写真は シータック 空港の道路側から見た ターミナルビル。

その当時 ホンコンに行く場合には、すぐ近くの中国領土内に「広州空港」があるにもかかわらず、外国機はそこを代替空港に選ばずに、一時間かかる台湾の タイペイ(台北)か、南にある高雄、あるいは一時間半かかる マニラ を代替空港に選んでいました。なぜでしょうか?。それには理由がありました。

あるとき ホンコンの天候が悪化し着陸できない状態が続いた際に、殆どの飛行機は着陸を諦めて前述した台北、高雄、マニラなどの代替空港に向かいました。しかし、ホンコンを主基地とするキャセイ航空のある機長が、従来からのタブーを破り広州空港に向かい、十五分後に無事に着陸しました。

しかしそれからが大変でした。飛行場の片隅に駐機させられたままで、誰も車で連絡に来る者もなく放置されたままでした。管制塔との交信で燃料補給を依頼したところ、空港従業員の食事時間だから終了するまで待てといわれたきりで、地上の サービスは全く受けられませんでした。当時の中国では11時半になると昼食の休みが始まり、規則の上では一時間の休みでしたが、皆で休めば怖くないので、二時間休むのが共産主義社会の労働者にとっては当たり前でした。

キャセイの飛行機は昼休み終了まで二時間も待たされ、その後も燃料搭載の手配や代金の支払方法のことで モメ て、結局着陸してから四時間後にようやく ホンコンに向けて離陸できました。「タブー」を破るとどうなるのか、それを身をもって体験しようとした パイロット のせいで、昼食時間を挟んで四時間もの間 空腹を抱え水一杯も飲めなかった乗客たちは、機内でぐったりしていたそうです。

Hongkong 一方高雄に向かった他機の パイロットは、着陸後 燃料や飲料水、飲み物、軽食の補給をスムースに受けて、天候が回復した ホンコンに、三時間後に戻ることができましたが、メデタシ、メデタシ。

ここで得た教訓とは、「誰もがやらないことを敢えてすると、困難な事態に直面する」。ということでした。代替空港の広州に行ったパイロットの体験は、ホンコン線を運航する航空会社の間で国際的に有名になりました。写真はホンコン島北側の高層ビル群で、対岸は九龍半島。

2006年11月19日 (日)

フィリピンの巻

1975 年 ( 昭和 50 年 ) 頃のある時、  チャーター 便の運航で  マニラ までは客を乗せずに空身で行き、マニラ から セ ブ ( Cebu ) 島まで戦没兵士を慰霊する遺族団体を運び、セ ブ 島から別の団体を名古屋まで運ぶ スケジュール がつきま した。

Manilaintl マニラ  の空港は今では暗殺された政治家の ニノイ ・ アキノ ( 後に夫人が アキノ大統領になる ) の名前をとって ニノイ ・  アキノ 国際空港と呼ばれていますが、当時は ターミナル ・  ビル もお粗末で 、

中国の北京空港同様に、従業員による盗難が頻発するので、国際的に悪名が知れ渡っていま した。

http://www.hey.ne.jp/~ok/chuugoku.htm#dorobou">

そのため各航空会社では マニラ 空港に駐機中は飛行機の 二 箇所の出入り口  ドア の所に、それぞれ ガード マン を配置することに していま した

 

マニラ 到着後  「 スチュワーデス」  も  2 名を残して空港内の免税店に買い物に行き、金野内蔵 氏も操縦室の クルー  と  一緒に セブ 島行きの飛行計画を提出に行き、出発まで時間があったので、出発  ロビー内で コーヒー を飲んで休憩  しま  した。

その後飛行機に戻ると チーフ  ・ パーサー が かんかんに怒っていま  したが、理由を聞くと機内 サービス用の ウイスキーが、二本も盗まれたとのことで した 。マニラ到着時に確認  しているのに数が足らないのは、ガードマン が盗んだのに違いないとのことで  した。

 ガードマン は知らないの 一点張りなので、地上での ハンドリング ( Handling、取り扱い・補給 ) を担当する フィリピン 航空の係員に連絡  し、盗まれた分の ウイスキー を補充 して出発  しま  した。

あとで聞くと 犯人はやはり 二人の ガードマン で、掃除夫と グルになり  ウイスキー を機内から盗んで、掃除夫が目立たぬ様に機外に持ち出 したのだそうです。ガードマン が盗みを働 くとは、油断も隙もあったものではありませんで  した。

Lapulapu2 セ ブ 島の名前をご存じの方は少ないと思いますが、南米大陸の最南端とその南にある フエゴ 島の間にある マゼラン 海峡を 1520 年に発見通過 した ポルトガル人で、スペインの探検船団を率いた探検家 ・ 航海者の マゼラン の名前を聞 いたことがあると思います。

その マゼラン がその後太平洋を西に向けて 百日 近く島を見ずに航海を続 け、地球を 三分の 二周 して セ ブ 島に来たところで、セ ブ島 ( 正確には隣接する マクタン 島 ) における原住民との戦闘で、 酋長の ラプ ラプ ( Lap-Lap ) に殺された所です 。写真は ラ プ  ラ プの像、クリック で拡大。

Mactanap セ ブ 島は フィリピン の マニラから 1 時間半 ほど南に飛んだところにある、さつまいもの形を した島ですが、空港は山の多い セ ブ 島には無 くて、東側に隣接する平らな マクタン 島にあり、セ ブ 島とは橋でつながっています。

空港は マゼラン の侵略から  セ ブ 島を守った酋長の名前をとって、ラプ  ・  ラプ空港という名前で したが、その後 マクタン ・ セ ブ 国際空港に変わりま  した。実はここでも燃料補給に  トラブル が起きま  した。 写真は マクタン ・ セ ブ 空港です。

定期便が運行する  ( オン ライン、O n  L i n e  )   空港であれば飛行機の給油は何の心配もなく、駐在社員が地上 ハンドリング 契約のある会社に連絡 し、給油の手続きを  してくれますが、定期便が運行 していない  (  オフ ライン、 O f f   L  i n e   )  空港では簡単にいかない場合があります。

そういう場合に備えて機体には シェル 石油が発行  し、世界中の空港で飛行機の燃料補給の際に通用する、シェル 石油の国際 燃料 クレジット カード ( Shell Fuel Card ) を機内に搭載  していて、必要な場合にはその カード を業者に見せれば好きなだけ燃料を搭載できるはずで  した。

ところが マクタン 空港の燃料業者は、クレジット ・ カード による決済を受け入れずに、現金での支払いを求めてきま した。

当時は機内に  3  千  ドル ( 当時の為替 レートで 90 万円 ) もの現金を事前に用意  しているはずがなく、フィリッピン 航空の現地係員に 一時借用を頼んでも ダメ  なので、セ ブ 島から名古屋へ 4  時間半で直行する帰国予定を変更 して 一旦 マニラ  に戻り、そこで燃料補給の上、名古屋に向かいま  した。 

定期便が行かない空港への運航は予期 せぬことが起きますが、普段行けない所にも行けるので面白いこともありま した。その後  セ ブ 島には泊まりがけで、一 度だけ行く機会がありま した。

2006年11月14日 (火)

チャーター便の運航

金野氏から話を聞きました。

会社が運航する路線の空港を On Line 空港といいますが、その空港に着陸すれば会社の整備士、運航管理係、あるいは委託を受けた他社の整備士や運航管理の係員がいて、機体の点検や燃料補給、飛行計画などの作成、提出業務を代行してくれるので、乗員にとっては気楽なものです。

7271 ところで会社の飛行機が日常飛ばない、つまり路線がない空港のことを Off Line 空港といいますが、チャーター便などでそこに行く場合には予期せぬことが起きます。昭和五十年(1975年)頃のこと金野氏は名古屋からソ連(当時)のハバロフスクに、シベリア抑留中に死亡した遺族の墓参団 のチャーターで行くことになりました。写真はクリックで拡大。

名古屋からハバロフスクまでは2時間30分ほどの距離なので、B-727型機でもハバロフスクで燃料を補給しなくても帰りの目的地新潟空港まで往復できます。時差は夏時間がある場合は二時間ですが、通常は一時間早くなります。管制方式がメートル単位のこと以外に特に難しいこともなく、無事に目的地に到着しました。ところが当時はペレストロイカ(1980年代後半からはじまった政治体制の改革運動)以前のため、ソ連の社会には現在の中国社会同様に、汚職や腐敗がはびこっていました。

Habaro 出発に際して思わぬトラブルが起きましたが、空港当局の係官がいうには、日本から来た飛行機は帰りの燃料を積むことになっている。だから燃料を積んで帰れということでした。積め、積む必要が無いの押し問答をしましたが、これでは燃料の押し売りと同じです。
写真はハバロフスクの空港。

念のために燃料の値段を聞くと国際相場の二倍であり、しかも代金を米ドルの現金で支払うように要求してきました。そこでようやく頭の働きがにぶい金野氏も、彼等が無理難題を吹きかけて、カネをせびろうとしていることに気が付いたそうです。そのため単刀直入に How  much money do you want?.  というと、相手はそれまでの厳めしい態度をガラリと変えて、指を五本出しました。五百 ドルの意味でした。

英語には  Under the table  (内密の取引)という言葉がありますが、金野氏が五百 ドルなど高すぎるので、 ニエット (ノー)と拒否しました。すると相手は次に三本の指を出しました。三百 ドル のことですがその当時の為替相場は一ドル三百円でしたので、九万円になります。

こんな相手に九万円を ワイロ として呉れてやるのはしゃくなので、金野氏が指を二本出すと相手が O K しました。日本円に直すと六万円になり、高すぎる金額ではありませんが、ソ連の労働者階級にとっては半年か一年分の給料に相当します。飛行機の出発が遅れるので、添乗していた営業係員から米 ドルの二百 ドルを借りて支払うと、飛行機に対する管制承認とは別の、出国の許可( Clearance )がすぐに出ました。その代金は帰国後に営業係員に返済し、後に会社に請求しました。

Stocking1 その当時のソ連国内では消費物資の不足が甚だしく、若い女性に ストッキング は非常に喜ばれましたが、墓参団の中には四百円の ストッキング を、わざわざ何足も買って持参した人がいたそうです。何のために?。

2006年11月 9日 (木)

機内での賭博

金野氏から聞いた話によれば、その昔国際線の機内で、サイコロ 賭博を開帳した連中がいたそうな。

成田から北京行きのコースは福岡上空から五島列島の福江島を通り、航空路の A-593 で上海に行き、そこから北上するルートでした。しかし現在では韓国の上空を経由する、近道のルートに変わりました。

Meshi2 成田を十時に出発した飛行機の機内では、一時間後から食事前のアルコール類のサービスを開始し、続いて昼食の ミール・サービスを始めました。福江と上海を結ぶ航空路には日本と韓国、中国の航空交通管制区が入り組んでいますが、更に面倒なことに日本や韓国では、高度の単位に欧米諸国並みに フィート(尺、)単位を使用しますが、中国では ロシアや、東欧諸国と同様に、メートル単位を使用して航空管制をしています。

つまり日本から中国に行く場合には使用する高度の単位が異なるため、航空交通管制区域の境界を通過する時点で、高度の上昇、あるいは降下が必ず必要になります。その地域は当時中国の管制 レーダーの圏外のために、頻繁に位置通報をする必要がありました。その最も忙しい時に、エコノミー・クラスを担当する 「パーサー」 から インターフォンで連絡があり、乗客が 「バクチ」 を始めたらしいと言ってきました。

Saikoro 公海上を飛行していていても、日本国籍の機内では日本の法律が適用されるので、直ぐに賭博を止めさせるようにと指示しました。ところが パーサー が注意をしても止めないとのことなので、様子を聞くと、どうやら暴力団の一味らしく、「盆ゴザ」や 「サイコロ」を機内に持ち込んで、 R-3(右側の前から三番目)の ドアの空間のところで 賭場を開帳して、万円札が飛び交っている様子でした。

忙しくない場所を飛行中であれば、機内の規律保持に責任を持つ機長として相手に「舐めるられてたまるか」と、金野氏が早速現場に出向き、機長権限で賭博を 止めさせようと思いましたが、この空域では過去に何度も中国側の管制 ミスから、飛行機同士のニアー・ミス(異常接近)があったため、他機への見張りに十分注意する必要があり、操縦席を離れて客室に出向くのを止めにしました。そこで チーフ・パーサを操縦席に呼び、暴力団の一番偉そうな奴に、機長からの伝言を伝えるように命じました。

Kousoku 飛行機は現在中国の領空を飛行しています。従って中国の法律が適用されます。聞くところによると、共産主義の中国では賭博は重罪であり、死刑もあり得るそうです。今直ぐに賭博を中止しなければ、飛行機は間もなく上海上空なので、直ちに上海に緊急着陸をして中国の空港警察に、貴方がたを賭博の犯人として引き渡します。

チーフ・パーサーから機長の伝言を聞いた連中は、中国の警察に身柄を引き渡されたくなかったのでしょう。すぐに賭博を止めました。

北京に到着後本社の営業に連絡したところ、女性一人を含めた八人の グループでツアーに入り、四日後にホンコンから帰国する スケジュールであることが判明しました。帰り便の機長に情報を伝えることにすると共に、機内での賭博を開帳させないように、ホンコン出国時の手荷物検査を厳重にするよう依頼することにしました。ホンコンからの帰国便の機内では、彼等は賭博をしなかったとのことで、一件落着しました。

2006年11月 5日 (日)

立ったままの乗客

Hatsukari1 昭和35年(1960年)頃のこと、当時東北本線を走る寝台急行は何本かあったものの、一日に一本しか無い昼間の特急列車、上野発青森行きの「はつかり」に乗る人には、「立ち席特急券」を発売していました。全席座席指定の特急列車で空席がある場合には座ってもよいが、その席の指定券を持つ人が来れば席を譲り、立ったままという条件でした。コンピュータが無かった時代に、座席管理能力の不足を補う為に産み出された方法でした。写真はクリックで拡大。

F271 金野氏が民間航空で機長になったのは昭和43年(1968年)のことでしたが、「デス」が一人乗りの F-27、フレンドシップ 四十人乗りのターボ・プロップ機でした。ターボ・プロップというのはジェット・エンジンの回転で、プロペラを回転させて推進力を得る飛行機のことですが、ジェット機との違いの一つは客席における騒音の大きさでした。写真は他社の機体

ターボ・プロップ機ではプロペラが風を切る音や、ジェット・エンジンの高速回転を減速歯車により減速してプロペラを回す為に、「キーン」という減速歯車による周波数の高い騒音がしました。そのため、ターボ・プロップ機を含めて国際線を飛ぶプロペラ機では、ファーストクラスの座席は騒音の少ない最後部にありましたが、ジェット機になるとエンジン音が静かな最前方に移りました。

ところである時金野氏が満席の乗客を乗せて、大阪から鹿児島へ行く為にゲートから滑走路に向かって地上滑走をしていると、「デス」から「座る座席が無い乗客が一人いて、立ったままでいる」という連絡がありました。このままでは離陸できないので、金野氏はゲートに引き返すことにしました。その乗客によると空席待ちをしていましたが、ゲートの係員から空席があるので乗るようにいわれたとのことでした。

その当時は航空業界も未だコンピュータが導入されてなく、搭乗の際にはゲート係員が搭乗整理券( Boarding Pass )の半券をちぎり、その枚数を数えて乗客数を確認していました。係員の数え間違いにより、定員よりも一名多い乗客を乗せてしまったのでした。

昔ソ連にアエロフロートという国営航空会社がありましたが、共産主義、社会主義国の根本的欠陥であるサービス精神の欠如で有名でした。飛行機の出発が何時間遅れても乗客には一切説明せず、「乗せてやるから有りがたく思え」という態度でした。ソ連が崩壊した結果、アエロフロート・ソ連航空から、アエロフロート・ロシア航空に変わりましたが、現在では多数の航空会社に分割された結果、その中の一つとしてモスクワに拠点を持ち、国際線や国際線を運航する会社の一つになりました。

Toilet その当時日本のある新聞のモスクワ支局の記者が、地方に出張した時のことでした。彼は国内線の飛行機に乗り、前の方の座席に座りましたが、飛行中にトイレに行きたくなりました。通路の後方にはトイレを待つ人の列ができていましたが、いつまで経っても列が進まないので、不思議に思い並んでいた人に尋ねたところ、それはトイレ行列ではなく、座る座席の無い乗客でした。

つまり飛行機に「立ったままの乗客」を、数多く乗せていたのでした。不時着などの緊急事態には、どうするつもりだったのでしょうか?。絵はクリックで拡大、便座に座った女性が体を少し右に傾けているあたり、イカニモ ? という感じがしますし、列の真ん中の女性がやや前かがみになっているのは、我慢している様子がうかがわれます。

Seatbelt 中国には国営の、中国民航( CAAC、 Civil Aviation Administration of China )という巨大公司(こんす、会社)がありましたが、改革開放以後に九社に分割されて今では小型化されました。ある友人がその国際線に乗った時のこと、座席ベルト が壊れていて締まらないので「デス」に言うと、「ベルトの金具を使わずに縛れ 」といわれたそうです。周囲には座席ベルトが壊れた席がいくつもあり、中国人の乗客達はごく当たり前の様に ベルト を体の前で結わえていました。しかし結わけばいざという場合に、解くのに時間が掛かるので不安になりましたが、やむなくベルトで体を縛ったとのことでした。

シルバー回顧録へ戻るにはここをクリック

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »