« チャーター便の運航 | トップページ | 行くと損する空港 »

2006年11月19日 (日)

フィリピンの巻

1975 年 ( 昭和 50 年 ) 頃のある時、  チャーター 便の運航で  マニラ までは客を乗せずに空身で行き、マニラ から セ ブ ( Cebu ) 島まで戦没兵士を慰霊する遺族団体を運び、セ ブ 島から別の団体を名古屋まで運ぶ スケジュール がつきま した。

Manilaintl マニラ  の空港は今では暗殺された政治家の ニノイ ・ アキノ ( 後に夫人が アキノ大統領になる ) の名前をとって ニノイ ・  アキノ 国際空港と呼ばれていますが、当時は ターミナル ・  ビル もお粗末で 、

中国の北京空港同様に、従業員による盗難が頻発するので、国際的に悪名が知れ渡っていま した。

http://www.hey.ne.jp/~ok/chuugoku.htm#dorobou">

そのため各航空会社では マニラ 空港に駐機中は飛行機の 二 箇所の出入り口  ドア の所に、それぞれ ガード マン を配置することに していま した

 

マニラ 到着後  「 スチュワーデス」  も  2 名を残して空港内の免税店に買い物に行き、金野内蔵 氏も操縦室の クルー  と  一緒に セブ 島行きの飛行計画を提出に行き、出発まで時間があったので、出発  ロビー内で コーヒー を飲んで休憩  しま  した。

その後飛行機に戻ると チーフ  ・ パーサー が かんかんに怒っていま  したが、理由を聞くと機内 サービス用の ウイスキーが、二本も盗まれたとのことで した 。マニラ到着時に確認  しているのに数が足らないのは、ガードマン が盗んだのに違いないとのことで  した。

 ガードマン は知らないの 一点張りなので、地上での ハンドリング ( Handling、取り扱い・補給 ) を担当する フィリピン 航空の係員に連絡  し、盗まれた分の ウイスキー を補充 して出発  しま  した。

あとで聞くと 犯人はやはり 二人の ガードマン で、掃除夫と グルになり  ウイスキー を機内から盗んで、掃除夫が目立たぬ様に機外に持ち出 したのだそうです。ガードマン が盗みを働 くとは、油断も隙もあったものではありませんで  した。

Lapulapu2 セ ブ 島の名前をご存じの方は少ないと思いますが、南米大陸の最南端とその南にある フエゴ 島の間にある マゼラン 海峡を 1520 年に発見通過 した ポルトガル人で、スペインの探検船団を率いた探検家 ・ 航海者の マゼラン の名前を聞 いたことがあると思います。

その マゼラン がその後太平洋を西に向けて 百日 近く島を見ずに航海を続 け、地球を 三分の 二周 して セ ブ 島に来たところで、セ ブ島 ( 正確には隣接する マクタン 島 ) における原住民との戦闘で、 酋長の ラプ ラプ ( Lap-Lap ) に殺された所です 。写真は ラ プ  ラ プの像、クリック で拡大。

Mactanap セ ブ 島は フィリピン の マニラから 1 時間半 ほど南に飛んだところにある、さつまいもの形を した島ですが、空港は山の多い セ ブ 島には無 くて、東側に隣接する平らな マクタン 島にあり、セ ブ 島とは橋でつながっています。

空港は マゼラン の侵略から  セ ブ 島を守った酋長の名前をとって、ラプ  ・  ラプ空港という名前で したが、その後 マクタン ・ セ ブ 国際空港に変わりま  した。実はここでも燃料補給に  トラブル が起きま  した。 写真は マクタン ・ セ ブ 空港です。

定期便が運行する  ( オン ライン、O n  L i n e  )   空港であれば飛行機の給油は何の心配もなく、駐在社員が地上 ハンドリング 契約のある会社に連絡 し、給油の手続きを  してくれますが、定期便が運行 していない  (  オフ ライン、 O f f   L  i n e   )  空港では簡単にいかない場合があります。

そういう場合に備えて機体には シェル 石油が発行  し、世界中の空港で飛行機の燃料補給の際に通用する、シェル 石油の国際 燃料 クレジット カード ( Shell Fuel Card ) を機内に搭載  していて、必要な場合にはその カード を業者に見せれば好きなだけ燃料を搭載できるはずで  した。

ところが マクタン 空港の燃料業者は、クレジット ・ カード による決済を受け入れずに、現金での支払いを求めてきま した。

当時は機内に  3  千  ドル ( 当時の為替 レートで 90 万円 ) もの現金を事前に用意  しているはずがなく、フィリッピン 航空の現地係員に 一時借用を頼んでも ダメ  なので、セ ブ 島から名古屋へ 4  時間半で直行する帰国予定を変更 して 一旦 マニラ  に戻り、そこで燃料補給の上、名古屋に向かいま  した。 

定期便が行かない空港への運航は予期 せぬことが起きますが、普段行けない所にも行けるので面白いこともありま した。その後  セ ブ 島には泊まりがけで、一 度だけ行く機会がありま した。

« チャーター便の運航 | トップページ | 行くと損する空港 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178058/12742870

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンの巻:

« チャーター便の運航 | トップページ | 行くと損する空港 »