« 嫌な乗客、パート1 | トップページ | 嫌な乗客、パート3 »

2007年1月27日 (土)

嫌な乗客、パート 2

Yuki1 平成13年2月のこと北京から成田空港に向かった鶴丸航空の飛行機が、大雪のため成田に着陸できずに関西空港に臨時着陸しました。ところが関西空港では大勢の中国人乗客が、「ろくな食事も水も与えられなかった」、「中国人だけ空港に16時間も足止めされ、他の国籍の乗客はホテルを用意されたが、これは人種差別だ」として騒ぎ、後に中国の新聞によれば1人9万ドル(約1千万円)の補償を求める裁判を起こす計画、との報道が流れました。写真はクリックで拡大。

Overnight ところが鶴丸航空によれば、日本を経由して第三国に向かう トランジット( Transit 、乗り継ぎ )の中国人乗客の中には、その際に日本への密入国を図る者がいるので、不法就労、不法滞在防止の観点から、入管当局により トランジット の際は入国を禁じられていたのです。当日は大雪のため 約1,500人の乗客が空港で一夜を過ごしており、同社は乗客に毛布や 食料、飲み物を提供したとしていました。

そういえば日本における不法滞在( Over Stay )者の数では、中国人と韓国人が毎年一位と二位を争っています。人種差別を口にするのであればそれ以前に、自国民により繰り返される違法行為の結果取られた措置であることを、まず反省すべきであると思います。中国に隣接し中国に返還された ホンコン でさえも、同じ理由から2003年前半までは、中国人の個人観光客に対する ビザ を発給しませんでした。

日本でも中国からの個人観光旅行者に対する ビザ の発給審査を厳重にしていますが、団体観光旅行には個人別の ビザ ではなく グループ・ビザ を発行しています。日本国内での自由行動時間でも、小さいグループごとに団体行動をさせ、ツアーの添乗員はホテルでも夜間に点呼を取り人数を確認し、逃亡者に気を付けているという話を聞きました。

なお日本から強制送還されても ワイロ天国の中国では、当局のしかるべき筋に ワイロを支払うと、正規の パスポート が偽名で入手できたり、あるいは横行する偽造の パスポートで、中国人も韓国人もまた入国するのだそうです。

Cathay 平成17年の7月には香港で キャセイ航空の飛行機の出発が二時間遅れたことがありました。場内 アナウンスで乗客に知らせ、他の乗客は聞いていたにもかかわらず、韓国人の団体37名が「そんなの聞いてない」と主張し、あげくの果ては キャセイ航空に遅延と対応の悪さを理由に賠償を要求し、韓国人の乗客37人が空港 ロビー内で デモ をおこないました。

キャセイ航空は社内規定に従い食事 クーポンを支給しましたが、韓国人は外国航空会社の態度を改めさせるとして、帰国後も法廷で損害賠償を要求すると息巻いていました。 中国人も韓国人も自国の航空会社の国際運送約款を読むべきであり、そこには気象状況やその他やむを得ない原因により、航空会社は運行時間の変更や欠航を行うことがあると書かれていて、その場合原則として航空会社の責任は免除されています。

更にいえば中国や韓国の航空会社はそれほど運航面で遅延や欠航が無く、立派だと思っているのでしょうか?。

Daikan 事実はその逆で大韓航空などは、金野氏が飛んでいた縄文航空よりも十二倍も事故率が高いくせに、それに中国民航(現、中国国際航空)などは共産主義国の常として、事故に関する情報をこれまで一切公表してきませんでした。航空会社ごとの事故率について詳しく知りたい人は、ここをクリック

« 嫌な乗客、パート1 | トップページ | 嫌な乗客、パート3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178058/13674070

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌な乗客、パート 2:

« 嫌な乗客、パート1 | トップページ | 嫌な乗客、パート3 »