« 国による習慣、制度の違い | トップページ | 記念撮影 »

2007年5月19日 (土)

警察の腰抜け

Keikanyusou 愛知県、長久手町で起きた暴力団員による人質立て籠もり事件をテレビで見て、警察の対応の 「ふがいなさ」に呆れたのは、私だけではなかったと思います。
ピストルの発砲により負傷者が出ていて、しかも撃たれた現場に倒れたままの警官を射殺するぞと脅されて、五時間もその場に放置したまま見守っていたからです。写真は パトカーの先導で撃たれた警官を運ぶ救急車。

翌日まで 29 時間も現場附近を封鎖し、その為に学校、大学が休校になりましたが、警察の対応とはひたすら犯人に対する説得を続けるのみでした。まさに平和 ボケ した日本に相応しい警察の対応でしたが、死者が出てからも、人質が自力で脱出したあとも、犯人に対する マヌケ な警察の説得は続けられました。

Hitojichi これほどまでに殺人犯の人権に配慮する必要が、どこにあったのでしょうか?。警察幹部の腹が据わらず、ひたすら失点を恐れて安易な説得に頼り、自分が全責任を負う心構えが存在しなかったからだと思いました。
これが アメリカ であれば死傷者が出た段階で、人質の安全よりも 「社会の利益、安全」 を優先させ、室内に催涙弾を打ち込み、苦しくなった犯人が武器を捨てて出て来て、投降の意志を示さなければ、直ちに射殺して 29 時間も要せずに解決したことでしょう。

警察に密着取材 24 時などと称する「警察もの テレビ」を見ると、町で酔っぱらいに絡まれたり、繁華街での若者同士の喧嘩の仲裁に入った警官が、彼等からこづき回されたり、罵詈雑言を浴びせられたりしていました。そういう場合アメリカでは警官の身体に触れただけでも、物理的に抵抗したとみなされ公務執行妨害罪で逮捕され、面と向かい悪口を言えば、警官を侮辱したとして逮捕されるのが当たり前です。

プロ野球の審判が持つ選手監督に対する退場命令権は アメリカからの直輸入ですが、社会の治安維持を担当する警官が、プロ野球の審判よりも権限が無くても良いのでしょうか?。

パトカーが盗難車両を発見し、赤色灯を点灯し サイレンを鳴らして追跡中に盗難車が事故を起こすと、バカ な マスコミ は必ず警察を非難するし、武器を持って抵抗する犯人逮捕の際に警官が発砲すれば、それが妥当であったのか?などと、必ず疑問視するのが偏向 マスコミの習慣です。 今回の事件を見た限り、近隣諸国(?)からやって来るかもしれない テロ の犯人に対して、警察は到底対抗できないことを感じました。それは警察官の命を守る装備の不備だけでなく、警察首脳部の危機管理能力の欠如であり、具体的には優柔不断、自己保身の為の事なかれ主義によるものです。

« 国による習慣、制度の違い | トップページ | 記念撮影 »

コメント

同感です。装甲車で突っ込むなり、マシンガンで撃ってしまうなり、催涙ガスなり人質の居ない段階で速攻で動けたはずです。

戦車で門扉をぶち壊しても良かったと思います。自衛隊は何のために戦車を持っているのかと???

ただ、亡くなった狙撃隊の若い隊員は、気の毒なことです。犯人の腕が良いのではなく、たまたま当ったタマなのではないかということですが、犠牲者であることは違いありません。

即射殺に異議なし!

全く持って同じ意見です。
最後は命乞いですよ。
しかもネゴシエーターは
人を一人殺している相手に
なんて優しい言葉をかけていたことでしょうか。
殉職された方の身内の方は、
腹立たしかったでしょう。
なんとも情けない。
憤りを感じずにはいられません。

今日の「たかじん・・」でも大方の意見でしたが、キャリアの自己保身のためで、過去射殺は1件だけ、射殺はキャリアの経歴にキズがつき出世が出来ない、しなければ、経歴にキズが付かず順調に出世できるという構造なのですね。

「たかじん」の放送は見ませんでしたが、出世する為には経歴に キズ を付けないというのは、警察官僚だけに留まらず、キャリアー出身の公務員一般に当てはまることです。

彼等の勤務評定が減点主義だからですが、その為には先例を尊重して独断専行などの、出過ぎた振る舞いをしないことが必要です。

皆さんのご意見、もっともなり。
小生の娘が警察官なので、マスコミの横暴が痛いほどわかります。先日夜半近くで、不審車両2台があり、職質中逃走し、第3者の車両と衝突、被害車輌の運手者が負傷、犯人は車を捨て、走って逃走中、パトの警察官が威嚇発砲、犯人を逮捕、しかし、後に「発砲」の件で、マスコミへの対処で、娘は真夜中まで残業、疲れきって帰宅。
一体、日本社会って何だ。警察が犯人なのか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察の腰抜け:

« 国による習慣、制度の違い | トップページ | 記念撮影 »