« 患者輸送 (その1) | トップページ | 年末年始、雑感 »

2007年12月29日 (土)

患者輸送 ( その2 )

[  患者の帰国輸送 ( Stretcher repatriation ) ]

金野内蔵氏から聞いた話によれば、ある年の冬のこと北米の ニューヨークから成田まで ストレッチャー ( 簡易 ベッド ) で、寝たきりの患者を輸送することになりました。

飛行計画の段階で運航管理者から得た情報では、ストレッチャーによる患者輸送があり、付き添いは 2 名で、うち 1 名は アメリカ人の看護婦で フライト ・ ナース ( Flight Nurse 、飛行看護婦  )  の資格を持つとのことでした。

Medicalrepatriation_2

出発準備の為に飛行機に搭乗すると、既に エコノミー  ・ クラスの機体右側窓際に装備された ストレッチャーには  50 才台の日本人の男性患者が寝ていて、奥さんと アメリカ人看護婦が添乗していました。

機内点検の際に患者の顔を チラット見ると、いわゆる 「 ガン相 」 をしていて、素人が見ても長くは生きられそうにもない様子でした。なお写真では患者が丸見えですが、実際は カーテンで視線をさえぎることができます。

向かい風の強い冬期のため成田までは 14 時間かかりましたが、その間機内では 栄養補給 ・ 水分補給と痛み止めの点滴を連続して看護婦がおこなっていたそうです。

Kyukyusha 成田到着後は機側から ハイ  ・  リフト  ・  トラックで地上に降ろし、C I Q ( Customs、 Immigration、Quarantine 、税関 ・ 入国審査 ・ 検疫 ) の手続きを書類審査で済ませてから、待機していた救急車で神奈川県内の自宅に移動しました。

成田到着後 スチュワーデスから聞いた話によれば、患者は ニューヨークに長年住んでいましたが手遅れの 膵臓 ガンになり、日本で死にたいので帰国したのだそうです。

派手な色を塗った車体が飛行機の床の高さの地上高  3 メートルまで上昇し、ストレッチャーの積み降ろしをしました。

ところで前回述べた オシム元全日本 サッカーチーム監督の病状が回復に向かったそうですが、手足に 「 運動障害 」 が残ったのかどうかは現段階では不明です。

仮定の問題ですが脳梗塞を患い入院していた彼が、もし寝たままの状態で 旧 ユーゴスラビア連邦で、現 ボスニア ・ ヘルツェゴビナ ( Bosnia Herzegovina ) にある故郷の サラエボ ( Sarajevo ) に帰るとしますと、選択肢が三つあります。

[ その 1、医療輸送専用機の チャーター ]

Kikai 日本には無いと思いますが、世界には患者の海外輸送を専門におこなう飛行 サービス会社が数多く存在していて、24 時間対応しています。

小型の専用 ジェット機を所有し、フライト  ・ ナース ( Flight Nurse 、飛行看護婦 ) の資格を持つ看護師や、必要な場合には医師も添乗します。

チャーター費用は飛行距離や必要とする サービスの内容により大きく変わりますが、千万円単位の費用が掛かります。

Assist 利点としては乗り継ぎなどの時間が節約できること、病院の I CU  ( 集中治療室 ) 並みの機内看護が飛行中も可能なことで、顧客になるのは外国で重病や 大 ケガ をした富豪 ・ 企業の現地駐在員 ・ 外交官本人や、それらの家族たちです。

[ その 2、国際線機利用による輸送 ]

金野氏の例のように目的地に直行できる場合にはこの方法が費用の面で格安ですが、成田から サラエボには直行便を運航する航空会社が無いので、乗り継ぎになります。

Saraebo 一例として成田から  オシム氏の故郷である サラエボに患者を運ぶ場合を考えますと、成田発11 時 50 分の全日空 285 便 ( オーストリア航空 052 便との共同運航 ) の ウイーン ( Vienna ) 行きに乗ると、11 時間 10 分後に現地時間の 16 時に ウイーン国際空港に到着します。

そこから サラエボ ( Sarajevo ) までは日に 2 便しか出ていないので、乗り継ぎの時間待ちを 4 時間することになります。

ウイーン発  20 : 05 分の オーストリア航空 759 便に乗ると、1 時間 15 分後の  21 時 20 分に サラエボに到着します。つまり成田から サラエボまでの所要時間は、乗り継ぎを含めて 16 時間近く掛かります。これは寝たきりの患者にとっても、かなり辛いことです。

費用としては簡易 ベッドを装備すればその分の座席が使用できなくなるので、 正規運賃の最大 9 人分、最小でも 6 人~8 人分が必要です 。ストレッチャー設定の事前連絡調整や乗り換えの手続き、C I Q  ( 税関 ・ 出入国管理 ・ 検疫 )  などの書類関係は、専門の国際輸送 サービス会社に依頼して、その道の  プロが担当することになります。

[ その 3、医療 エスコー ト・ サービス ]

患者の回復が順調で車椅子による移動が可能な状態になった場合には、旅行中の万一の事態に備えて看護師、医師などの医療 スタッフによる、メディカル ・ エスコート ・ サービス ( Medical Escort Service  ) を依頼することができます。

当然のことながら日本人患者には、日本語を話せる医療 スタッフが当たります。

Airescort 多くの航空会社では ファースト ・ クラスの座席は フル ・ フラット ( 完全水平 ) が可能なので、ストレッチャー無しでも患者の肉体的負担は少なくて済みます。

費用としてはファースト ・ クラスの人数分の座席料金 プラス、医療 スタッフの帰りの航空券、ホテルの宿泊費、それに医療 スタッフの 資格 ・ 職務 により所属基地を出てから戻るまで、人件費が 1 人 1 日当たり、5 千 US ドル ( 40 万円 ) から、1 万 US  ドル ( 80 万円 ) 程度必要になります。

かなりの出費ですが、小型 ジェット機を チャーターするよりもはるかに経済的で、そういう事態を カバーする保険もあります。

今年も皆様から ブログに訪問していただき、ありがとうございました。2007 年の ブログもこれで終わりですが、どうぞ良い年をお迎え下さい

ホームページへ戻るには、ここをクリック

« 患者輸送 (その1) | トップページ | 年末年始、雑感 »

コメント

昭和50年代に、同じ事業所の工務部門の責任者で、年長ですがよく会社帰りに飲み屋で一緒になり須磨の自宅へも何度かよばれた方が台湾出張中に、脳に細菌が入ったとかで意識不明になりました。
現地で相当期間治療するも意識は戻らず、仰るようにかなりの費用をかけて、たぶんJALで連れ帰りましたが結局亡くなりました。
話をしたこともある息子さんはたしか高校3年でした。

私の父も、昨年ヨーロッパで脳梗塞で倒れ、
JAL便で医療エスコートチームとともに無事帰ってきました。現在はリハビリも順調に進み、すっかり回復しております。父は、たまたま海外旅行保険に加入しておらず、家族皆でどうしようかと悩んでいたところ、民間救急リーベンをネットで見つけ、連絡をいたしました。ほかにもNPOや国際医療搬送会社にも連絡しましたが、リーベンが一番丁寧でした。もっとびっくりしたのは移送費用が他社の三分の一で、こんなにも費用が違うのかと驚きました。一番最初の電話から帰国まで、家族のように寄り添ってくれたことに、私たちは感動さえしました。来てくださった日本人のエスコートチームは
すごく紳士的で、まったく不安感はありませんでした。こんな搬送会社が日本にあるのはわかりませんでした。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者輸送 ( その2 ):

« 患者輸送 (その1) | トップページ | 年末年始、雑感 »