« 飛行初め | トップページ | 成田空港の現状 (1) »

2008年9月20日 (土)

空に浮かんだ男

[ 柿木金助 ]

伊勢音頭では 「 伊勢は津で持つ 津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ 」 と歌われますが、名古屋城の シンボルといえば、金の 「 しゃちほこ 」 です。

昭和40年代の中頃、外人の機長見習を指導するために、ある外人パイロットと ペアーを組み 1ヶ月間 フライト をしましたが、あるとき名古屋の ホテルに運航宿泊した際に、彼と一緒に名古屋城を見物しました。

Shachihoko その際に金の 「 しゃちほこ 」 を初めて見た外人から、「 魚の名前 」 を聞かれましたが、シャチは英語で キラー・ホエール ( killer whale ) といいますが、「 しゃちほこ 」 を英語でどう説明すべきか迷ったので、城の守護神の役目をする想像上の魚であると答えました。

慶長17年 ( 1612年 )に、名古屋城の天守閣が竣工した当時の 「 しゃちほこ 」 は、木造の本体の周囲を銅板で覆い、さらに 「 慶長大判 」 ( 金貨 )で 970 枚に相当する、純金に換算して 107 キログラム の金の板を張りましたが、90枚以上ある ウロコ も純度の高い金製でした。

しかし、その後は徳川幕府の財政悪化により、金の含有量の多い 「 慶長大判 」 を改鋳して含有量の少ない、粗悪な 「 元禄大判 」 を大量に作らせましたが、「 しゃちほこ 」 の金も例外ではなく、金の含有量の少ない金の板に取り替えられました。

ちなみに慶長大判 ( 金貨 )とは重さが 43.91匁 ( もんめ)、= 164.66 グラム  あり、金の含有量は 67.1 パーセント ( つまり 110 グラム ) でした。現在の金相場で大判の地金を換算すれば、1枚が約 32万5千円に相当します。

Takoa ところで 18世紀に名古屋、美濃地方を荒らし回っていた、柿木金助 ( かきのき・きんすけ ) という盗賊がいましたが、「 しゃちほこ 」 から金の ウロコ を盗むことを計画し、大風が吹いた日に大凧 ( たこ ) に乗って、名古屋城の天守閣の屋根に舞い降り、金の ウロコを 3枚剥ぎ盗ったのだそうです。

体重 60 キロ程度の男を乗せて浮揚する大凧とは、一体何人で揚げたのでしょうか?。マユツバの気がします。のちに彼は捕まり、1763年 (  宝暦13年 ) に磔 ( はりつけ ) 獄門の刑に処せられました。

しかしそれ以後も名古屋城の 「 しゃちほこ 」 から金の ウロコ を盗む事件が明治時代に 2回、昭和になって 1回起きましたが、特に昭和 12年の事件では金の ウロコ が 58枚も盗まれました。しかしいずれも ウロコを現金化するのに失敗し、3件とも犯人は逮捕されました。

[ 平賀源内 ]

日本の レオナルド・ダ・ヴィンチ とも称された平賀源内 (1728~1779年 ) は、エレキテル( 摩擦起電機 ) の実験でも有名ですが、彼は本草 ( ほんぞう、薬用植物 )学者、蘭学者、からくり師、戯作者、発明家など、多方面に優れた才能がありました。

彼が発明した物の中には私たちが子供の頃に遊んだ竹 トンボ がありましたが、文政二年 ( 1819年 ) に、奈良の氷室 ( ひむろ ) 神社に奉献された石灯篭には、この竹 トンボの図が刻られている点からみて、当時も子どもの玩具として広く普及していたことが分かります。

[ 縄文航空の社員章 ]

Dabin ヘリコプターの考案者といえば、前述したイタリア・ルネサンス の代表的芸術家、科学者の レオナルド・ダ・ヴィンチ ( 1452~1519年 ) ですが、空気 ネジを回して浮上する方法を考案し、図面に残しました。

それは ギリシャ語の Helix  ( 螺旋、らせん ) から名前を取った ヘリックスと呼ばれる装置で、「 布で らせん形の帆のようなものつくり、円形の台の上に立てた帆柱に取りつけ、それを高速で回転させるならば空中高く昇っていくであろう 」 とありました。

Anashashou ところで私は縄文航空に入社すると社員章をもらいましたが、それは縄文航空の前身でした日本 ヘリコプター 会社に由来する、「 焼き鳥 マーク 」 と社員の間では呼ばれている デザインのものでした。

乗員は制服の胸には ウイング・マークと名札をつけますし、それに後年になると I.D. カード ( 身分証明書 ) も着けたので、社員章とはあまり縁がありませんでした。

管理職になると会社に忠誠心を示す 「 しるし 」 に、背広の襟に  「 焼き鳥 マーク 」 を付ける乗員もいましたが、金野氏によればそれも付けずにいて、結局入社から退職までに使用したのは、数えるほどの回数だったそうです。退職時に 「 焼き鳥 マーク 」 を返納した際には、新品同様だったとのことでした。

なお 24日から旅行に出るので、次回 27日の ブログ更新は留守のために休みます

« 飛行初め | トップページ | 成田空港の現状 (1) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空に浮かんだ男:

« 飛行初め | トップページ | 成田空港の現状 (1) »