« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月29日 (木)

機長は英雄にあらず

Newyork5

1月15 日に ニューヨーク の ラ ・ガーディア ( La Guardia ) 空港を離陸した US エアー 1549 便の エアバス 320 型機が、離陸 3 分後に高度約 3,000 フィート ( 900 メートル )で鳥の群れに突っ込み両方の エンジン が停止したために、川幅約 1,000 メートル の  ハドソン川に不時着水し、全員無事に救助されました。

この事故に関しては丁度 オバマ 大統領の就任式の時期に重なったために、 英雄を好む アメリカ 人気質に迎合した マスコミ が機長を 英雄 と褒め称えま したが 、金野内蔵氏によれば、機長と してはあれ以外に取るべき方法がなく、ハドソン川以外に安全に降りる場所が無かったからでした。

[ 橋の無い川 ]

東京でいえば羽田と成田、大阪では伊丹空港と関空の関係にあるのが、ニューヨークの北東側にあり市内に近く、主に国内線用で事故機が離陸した ラ ・ガーディア 空港と、40 キロ 南東にある国際線用の ケネディー( JFK ) 空港です。

マンハッタンの衛星写真をよく見て下さい、( 写真は クリック で拡大 ) 。東側には イースト ・リバー があり 6 本の橋がありますが、西側の ハドソン川は 「 住井すゑ 」 が部落差別を題材にして書いた有名な長編小説 ( 7巻 ) の題名と同じ、 橋のない川 なのです。

Intore なぜ橋がないのか、その理由は大型貨物船が川を遡行するからであり、マンハッタンの西岸には埠頭 ( ふとう、Pier、ピアー、桟橋 ) がずらりと並んでいます。ピアー 89 には退役した航空母艦の イントレピッド が海空宇宙博物館として係留展示されていて、私も訪れたことがあります。

写真は係留された空母から見た市内の様子ですが、もし ハドソン川がなければ、事故機は市街地の ビル 群に突入せざるを得ない状況でした。

対岸との交通用に自動車は上流にある1 本の橋と、下流では川の下を通る 2 本の海底  トンネル があり、隣りの ニュージャージー州と通じ、通勤客などは フェリー  ・ ボートで渡ります。つまり幸運なことに 2 0 キロ以上にわたり邪魔者の橋が無かったことでした。

同じ距離を東京の隅田川にとれば、河口の レインボ- ・ ブリッジ を含めて 2 0 本の橋があり、荒川 ( 放水路 ) では 19 本になります。大阪の淀川でも河口から数えると 1 5 本くらいありますが、ジェット 機による不時着水の妨げになることは確実です。

不時着水は技術的に難しいのか?。金野内蔵氏に尋ねると、洋上を低高度で飛び回る対潜水艦哨戒機の機長をしていたので、実際に着水したことはないがそれなりの知識はあるそうです。海には 「うねり」 がある場合が多く、大きな 「うねり」 の場合にはその 「 峰 」 か 「 谷間 」 に沿って機体を着水させますが、川には 「うねり」 が無いので、滑走路に降りるのと同じことだそうです。

それに陸上への不時着とは大きく異なり、地上の人や建物への危険がなく、しかも機体に火災発生の心配がまったく無いのだそうです。

しかも機体の構造上、全員が脱出するまでの十分な時間、水に浮くように作られているはずで、今回は約 1 時間浮かんでいました。

パイロット と チュワーデス 毎年 1 回は緊急脱出訓練を受けているので、緊急時には慣れているはずです。「 英雄 」 を称える会に出席した、サレンバーガー機長は 「 われわれ乗組員は、訓練していたことをただ実践しただけです 」 と語りましたが、そのとおりでした。

Rescue 150 名の乗客と 5 名の乗員全員が フェリー・ボート に無事に救助されたのは、「 橋の無い川 」 と、ハドソン川を運航するフェリーの航路に当たるという幸運のせいであり、機長の行為は英雄には値せず、誰もがしたであろうことを よくやった、ウエル・ダン ( Well-done ) 換言すれば ファインプレー の部類でした。

不時着水についてもっと知りたい人は、ここをクリック

[ 英雄に類する人のこと ]

昭和 39 年 (1964年 ) 2月18日、雪の降る朝のこと、日東航空の大阪伊丹空港発徳島行きの マラ-ド 水陸両用飛行機が、離陸直後に エンジン故障により陸上に不時着しました。

その際に京都出身で ミス 京都にも選ばれた スチュワーデス の麻畠美代子さんが、 7 名の乗客を助け一度は機外に脱出したものの、1 名の乗客が機内に取り残されていることに気付き、漏れだした ガソリン に引火の危険があったので 制止されたにもかかわらず、救助するために機内に入った直後に、 ガソリン に引火して機体が爆発炎上し、乗客 1 名と共に殉職しました。

Miyohado 21 才の若さで殉職した彼女を讚えるために、神戸にある六甲山上、凌雲台近くの ドライブ・ウエーの傍に観音像が建立されましたが、美代子から名前をとって 「 みよし観音 」 と呼ばれています。像は右手を大空に差しのべていますが、建立当時、女優の吉永小百合さんらが 「 みよし観音賛歌 」 を寄せ、建立 15 周年には観音像の側に、「 みよし観音賛歌 」 の歌碑を建立しました。

「 自らの命のかけがえに、人に尽くすことほど崇高な行為はない。この行いの内にこそ、 人間の真の勇気と、美しさと、尊さがある 。紅蓮の炎に消えた一人の若い娘が、身を以て明らかにしたものはそれだった。」 ( 石碑の詞、石原慎太郎 )

毎年8月1 日に 「大空の護り祈年祭」 が行われているそうですが、無事でいれば今年は 66 才になり、孫達に囲まれて しあわせな人生を送ることができたかも知れません。 同業者のひとりとして、ご冥福を心から祈る次第です ( 合掌 ) 。

シルバー回顧録へ戻るには、ここを ク リ ッ ク

 

着水事故の航跡図は事故発生直後の CNN ニュースの テレビ 画像を見て描いたものです。 

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »