« カネの成る木、高齢者講習 | トップページ | 貨物用 コンテナ »

2009年4月23日 (木)

子や孫の世代への付け

Teigakukyu

私が住む人口 16 万の小都市では、人口が少ないせいか定額給付金支給の手続きが迅速で、昨日 ( 22 日 ) 銀行に振り込まれましたが、高齢者夫婦のため合計 4 万円を頂きました。

ばらまきの付けを負担する国民の皆様には、大変感謝しております。ところでその用途については、当初は車に ETC でも付け、あとは夫婦でささやかな食事でもするつもりでした。

ところが近くの トヨタの ディーラーに聞いたところ ETC 購入の順番待ちが 99 人もいて、しかも入荷する数が毎週僅か 2~5 台とのことなので、今年中に取り付けられるかどうか分からないとのことでしたが、一応順番待ちをすることにしました。

Etc

ETC 装着車が 1,000 円の割引料金で高速道路を走れるのは 2 年間だけですが、その為に政府が負担する カネは 2 年で 5,000 億円といわれています。

未曾有 ( 麻生総理の読み方によれば、ミゾウ ユウ ) の経済危機に対処するために、新規国債 ( つまり借金 ) 発行額も、平成21年度では約 44 兆 1,000 億円と過去最大となります。

これまでの財政赤字の累積は 839 兆円 もあり、 対 GDP 比で 163.5 パーセントの巨額にのぼりますが、子や孫の世代に多くの借金を残すことに、寿命があと 1 ~ 2 年と予想する後期高齢者 ( 末期高齢者 ? ) としては、定額給付金を受け取りながら申し訳ない気持ちです。

« カネの成る木、高齢者講習 | トップページ | 貨物用 コンテナ »

コメント

お元気なのでしょうか?

私のブログに、大阪空襲の記事を掲載させていただきました。

よろしくお願いいたします!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子や孫の世代への付け:

« カネの成る木、高齢者講習 | トップページ | 貨物用 コンテナ »