« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月24日 (木)

虫の好かない女

Kusabana

秋分が過ぎたというのに関西では日中の最高気温が 30 度にもなり、日が沈むと未だに蚊が飛び回ります。夏の間は ネコの額ほどの広さの庭にある、草花や植木、芝生の水遣りを女房から命じられますが、日中は暑いので日が暮れる頃に始めます。

Kayoke

蚊の攻撃を防ぐために長袖に長 ズボン、古くなった登山靴で足を守り、蚊除けの スキンガードの液を手や首筋、顔に吹き付けてから仕事をします。

ところが我が家の女房は 「異常体質 」 のため、蚊が寄って来ても刺されないので、真夏には半袖に ショートパンツの服装で、日焼けを恐れて日没から草木の手入れを始めるのです。

本人曰く、耳元に蚊が ブーンと飛んで来ても、決して刺さないから平気なのだそうです。蚊に刺されるのは数年に 1 回程度だそうで、刺した蚊はよほど飢えていたのに違いないとのことでした。二人の子供は皆蚊に刺されますが、子供たちに言わせれば母親の血が不味いからだそうです。

女房の亡くなった父親と、姪も蚊に刺されない体質だそうですが、三人に共通した体質は暑がりとのことでした。暑がりの人は血行が良く従って蚊を引き寄せる炭酸 ガスの排出が多いはずですが、蚊取り線香が持つのと同じ 「蚊が嫌う成分」 を、体から発散しているのに違いありません。

2009年9月 9日 (水)

A さんの死去

先日近くに住む A さんが亡くなりましたが、まずは下記のURL をお読み下さい。

          http://homepage3.nifty.com/yoshihito/ashiya.htm

A さんは毎日我が家の前を散歩で通るのを日課にしていましたが、半月前に家の女房に 「 わしもそろそろ寿命が来そうだ 」 と言ったので、お元気なので 百才までは長生きできますよ、と返事をしたばかりだったとのことでした。

92 才だったそうですが、あるとき私に 「 あまり長生きするのも考えものだよ、親しい友だちがみな死んでしまい、あとに残されるのは寂しい限りだ 」 とのことでした。毎日の散歩では ビニール袋と挟む道具を持ち、道ばたの タバコの吸い殻などの ゴミを拾って歩くことを 20 年以上続けた人でした。

数日間姿を見ませんでしたので、親戚の家にでも行ったのかと思っていましたが、昨日になって A  さんが亡くなった、という話を聞いたので驚きました。死因は大動脈瘤破裂で救急車で病院に運ばれた後、短時間で亡くなったとのことで、近所の人は大往生で羨ましいと言っていました。

人は死期が近づくと自分でも分かるのでしょうか ?、歴史の証人がまた 一人世を去りました。 ( 合掌 )

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »