« 賭博は野球だけなのか? | トップページ | テロの犯人を国賓扱い »

2010年7月 7日 (水)

外国人に対する執行猶予は無罪と同じ

南極海で調査捕鯨をしていた捕鯨船団の監視船 「 第 2 昭南丸 」 に対する艦船侵入 ・ 傷害 ・ 威力業務妨害など 五つの罪を犯した シーシェパードの元船長 ピーター   ・  ベースン ( ニュージーランド人 ) に対する判決が東京地裁であり、全ての罪について有罪と認定し、懲役 2 年、執行猶予 5 年を言い渡しました。

私は常に思うのですが、外国に居住する者に対する執行猶予の付いた懲役刑など、彼等にとっては、無罪と同じ効果しか与えないことです

シーシェパードの ワトソン代表など、日本からインターポール ( 国際刑事警察 ) を通じて国際指名手配されていても、オーストラリアを初め世界中で自由に活動を続けています。

この船長も ニュージーランドに帰れば、日本で受けた判決など自国の刑法上何の効果 ・ 影響もなく、強いていえば日本への再入国が困難になるだけです。日本の裁判に対する ウソ 八百を並べ立て、再び めしのタネとしての 「 反捕鯨運動 」に従事するのに違いありません。

執行猶予よりも外国人には高額の罰金刑を科す方が、はるかに反省させる手段としては効果的だと思います。

ところで今回中国人などに対する 入国 ビザ発給の所得制限の緩和をしましたが、買物客だけでなく、犯罪者も多分やって来ますが、日本の警察の取り調べは中国のように殴ることもせず、警察の留置所や刑務所の食事も中国に比べ、はるかに質が良いのだそうです。

となると執行猶予の代わりに高額の罰金刑を科しても相手が払えないので、1 日当たり 何千円かの割で労役場留置 をすることになりますが、食事が良くて居心地が良いのでは、懲罰による犯罪抑止にはあまり効果が無いし、頭の痛い問題です。

« 賭博は野球だけなのか? | トップページ | テロの犯人を国賓扱い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人に対する執行猶予は無罪と同じ:

« 賭博は野球だけなのか? | トップページ | テロの犯人を国賓扱い »