« 呆れた身元確認の遅れ | トップページ | 昔もあった 停電 »

2011年3月12日 (土)

二度も地震に遭った話

今回の東北地方の巨大地震・津波により亡くなられた方々、および被害を受けられた方々に、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。

Natorishi

写真は津波で流された飛行機や車、宮城県・名取市。

英国 BBC テレビが去年 12 月 17 日に放送したお笑い クイズ番組 「 Q I 」 の中で、広島と長崎で 二度原爆に遭った故 ・ 山口彊さん( 93 才 )のことを、「 世界一、運の悪い男 」 と笑いものにし、日本政府から抗議されて謝罪した出来事がありました。

そういう意味からすれば私も平成元年 ( 1989 年 ) の サンフランシスコ 地震と、平成 7 年 ( 1995 年 ) に起きた阪神淡路大震災の 2 度も大地震に遭遇したことがある、 「 運の悪い男 」 でした。

その私が皆さんに アドバイスをするとすれば、

1:グラット揺れが来て停電になったら、 まず水の確保 、水道の断水に備えてすぐに飲料水を ヤカン ・ ナベ  などに蓄え、浴槽に水を貯めること。水圧が本管内に残っている間は水が出るが、水道管の破損から泥水になっても、泥はやがて浴槽の底に沈殿するので水は使用できる。

2:携帯電話はもちろん、自宅の固定電話が最初の通話制限により使用できなくなっても、 公衆電話 ( 硬貨使用、カードは停電で ダメ ) が使えること。 自治体 ・ 学校 ・ 救助機関の電話はさらなる通話制限でも使えること。

詳しくは下記の U R L  をお読み下さい。

http://homepage3.nifty.com/yoshihito/sfo.htm

http://homepage3.nifty.com/yoshihito/hanshin-jishin.htm

« 呆れた身元確認の遅れ | トップページ | 昔もあった 停電 »

コメント

海外に居ては何も手助けができない自分ですが、日本人の規律ある、助け合う情報を見るにつけ感動しています。
金髪にピアスの若造たちが、年配者を気遣って助け合っているツウィートを見た時は涙が出た。
自分は日本人で良かった。 !頑張れニッポン!

遊びの関係で水の大事さが頭にこびりついているものですから、帰宅直後に風呂、バケツに貯められるだけの水をためました。少々濁ってはいましたが。
次は計画停電とストック出来ないものになりましたが。
計画停電を否定はしませんが、予告するならその時間はいっそ停電してもらった方が良いですね。
仕事を続けてよいのか、その時間を諦めたほうが良いのか悩んでしまいます。
需要を見ながらの計画停電は、東電が単に料金メーターを少しでも長く回して料金を徴収したいという都合ではないかと穿った見方をしてしまいます。
停電くらい、被災をされて家財、親族を亡くされた方、SR、福島原発で命を賭して作業をなさっている方々の状況に比べたら何のこともないのですが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二度も地震に遭った話:

« 呆れた身元確認の遅れ | トップページ | 昔もあった 停電 »