« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

暑い季節の京都観光

例年ならば春か秋に気の合った 会社の O B  6 人で、どこかへ観光を兼ねた夜の宴会に行くはずのところ、今年は東日本大震災のために自粛していたので、梅雨期に実施することになりました。場所は京都で 7 月 17 日の京都祇園祭の 「 山鉾巡行 」 には半月以上早い、6 月 29 日の 1 泊になりました。

全員が大阪伊丹空港の周辺地域に住む者なので、これまで京都の有名な観光 スポットや 5 月の葵祭 ( あおいまつり ) ・ 7 月の祇園祭 ( ぎおんまつり ) の山鉾 ( やまほこ ) 巡行などには、個人的に何度も観光に訪れていましたが、今回の観光については当日の天候を見て決めることになりました。

梅雨期の気圧配置にしては、予想に反して梅雨前線が北上したので天候には恵まれ(?)、初日は カンカン照りで最高気温が 35 度、2 日目は曇りがちながら時々日が差す蒸し暑い天候で同じく 35 度でした。京都の夏は暑く、冬は底冷えする寒いところです。

日陰の アーケードがある 「 錦 市場 」  を通り 「 新京極 」 に行きましたが、ここは昭和 26 年 ( 1951 年、60 年前 ) に高校の修学旅行で訪れて以来 60 年ぶりでした。しかし当時の新京極については記憶になく、辛うじて名前を思い出す程度でした。

お馴染みの清水坂の途中までは暑いので タクシーに分乗して上り、そこから清水寺へ歩きましたが、有名観光 スポットらしく、修学旅行の中学 ・ 高校生、外国人、着物姿をすると施設の入場料が無料になるそうで、浴衣姿の若い女性などがいました。

暑さの中で バスガイドに案内されながら観光する昔ながらの修学旅行 グループもいましたが、付添いの先生たちも大変そうでした。別の学校では生徒を 5 人毎の グループに分けて、予約した観光 タクシーで市内を自由に観光させていた学校もありました。

それだけではありません、横浜に住む中学 3 年の孫は今年の春に飛行機で九州に修学旅行に行きましたが、荷物は宅急便で ホテルや自宅に送り、道中は から身 で移動したとのことでした。

修学旅行の定番である 「旅館で枕投げ」 の経験を持つ 78 才の私には、ぜいたくというべきか時代の変化というべきか、判断がつきかねます。

2011年6月 7日 (火)

HPの管理人は検索の道具

HP ( ホームページ ) を運営していると毎日のように読者から メールが来ますが、その内容についてはお前の意見には反対 ・ 賛成だなどや、若い人( 学生 ? ) から多いのは たとえば、

       http://homepage3.nifty.com/yoshihito/horyo.htm

を卒論の テーマに使いたいから、参考にした書物の名前を教えろ などというものです。最初のうちはできるかぎり要望に応えて教えていたものの、それに対してありがとうの メールを送って来る者は 20 人に 1 人程度しかいないので、最近は応じないことにしました。

彼らにすれば HP の管理人に メールをして必要な情報を入手するのは、あたかも グーグルや ヤフーを検索して情報を得るのと同じだと考えているのです。

つまり質問することにより相手に余計な手間と時間をとらせることなど全く理解せず、従って返事に対する感謝の メールなどする必要が無いと考えているのです。 お前の ホームページを読んでやったのだから、ありがたく思えとでもいうように---。

以前 森鴎外について、

           http://homepage3.nifty.com/yoshihito/moriougai.htm#shoutai

を書きましたが、今回の福島原発の放射能漏れへの東電 ・ 原子力保安院 ・ 菅内閣の担当者が公開の場でおこなった虚偽の発言や情報隠しの対応、菅首相の辞意をめぐる党内の騒動で、前首相が現首相を ペテン師呼ばわり  したのを見ると、「 肩書き 」 は本人の人格 ・ 人間性の レベルとは無縁であることを、まざまざと見せつけました。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »