« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月24日 (月)

金製品の次は ルイビトン

最近我が家の女房は「 死に支度 」でもするのか 「 金欠病 」 なのか、金の値段が 1 グラム 4 千円の高値になり売り時と思ったのか、金製品を貴金属の買取り店に売りに行くようになりましたが、いつの間にか結婚指輪まで売り払ったとは知りませんでした。そのことは下記にあります。

             http://homepage3.nifty.com/yoshihito/akusesa-1.htm#yubiwa

遠くに住む娘が夏休みに孫を連れて家に里帰りした際に、形見にあげようとした指輪を娘が要らないといったので、女房は貴金属の買取り店へ売りに行きました。近くの デパートの店内に臨時に店を出している買取り店に行くと、買い取り査定価格はたったの 1,500円 だったそうです。

Goldring_4

20 万円で買った品を ただ同然に査定した男性に 「あんたの目は節穴か?」 と言いたいのを我慢して帰宅したそうです。

あまりにも低い査定なので翌日に次の宝石店に行くと、そこの買取り査定は 3万5千円、別の店では 5 万円 といわれたそうです。

Biton

ところである日のこと 新聞の チラシを見ると近くで貴金属買取り店が オープンし、女房がそこに指輪を売りに行くというので、私も貴金属買取り店に初めてついて行きました。

40 才前後の店長の店でしたが、ダイアモンド付きの金の指輪を拡大鏡で丹念に調べ、磁石に吸着するかどうかを調べ、精密な秤で重さを計り、ダイアの粒の大きさを計り、何やら表を見ながら 冷や汗を掻きつつ電卓で はじき出した買値は 6 万円でした。

そこで私が 「20 万円で買った指輪なので 7万円で勝負」 と声を掛けると、しぶしぶ オーケイ しましたが、最初から 7 万円程度で買うつもりで、相手の反応を見たのでしょう。

ついでに昔 サンフランシスコの シャネルの店で購入した シャネルの の 形をした金属の付いた箱入りの ネックレスも 1 万円で売却し、女房の小遣いは 8 万円になりました

ちなみに指輪などは、購入価格の 3 分の 1 の値段 で売れれば上出来だそうですが、その点 からすればまずまずの商売をしたことになりました。

店長の話によれば ルイビトンなどの ブランドものの バッグや 毛皮製品も買取るそうなので、我が家にある バッグや、濃い焦げ茶色の ミンクの毛皮の半 コートも、女房はいつか売るつもりだそうです。  

今回の経験から貴金属の買い取り価格は、店により、人により 大きな 「ひらき」  があるので、なるべく数多くの店に当たることが必要です。

2011年10月 7日 (金)

二度目の糖尿病宣告

私が住む K 市では 75 才以上の後期高齢者になると、個人宛の市民検診の通知が来なくなりますが、医療費を少しでも節約するために、老い先短い末期高齢者 (?) に健康診断など不要と考えたからでしょう。

なるべく亭主を長生きさせ、遺族年金よりも額が多い厚生年金 ・ 個人年金 ・ 企業年金などを、末長く (?) 受け取ろうとする 女房の希望 ( 欲望というべきか ? ) を叶えさせるために、毎年市民検診を受けていますが、いつものように 3 割負担の胃 カメラ代 ( 4,580 円 ) と、前立腺 ガンの腫瘍 マーカーである PSA の検査代 ( 1,000 円 ) を今回も支払いました。

Watashiibukuro

検査終了後に胃 カメラで撮った写真を示しながら、胃壁がかなり荒れていますねというので、ピロリ菌の検査をして、いれば菌の駆除はどうでしょうか ? と尋ねたところ、50~60 代ならともかく、78 才にもなって仮に ピロリ菌を駆除したとしても、寿命は少しも変わりませんよ、という医師の返事でした。

9 年前に前立腺を患った際に、70 才以上の人は前立腺 ガンを手術をしても、しなくても寿命は変わらないという話を聞きましたが、同じ統計上の理由からでした。

後日 血液検査の結果を聞きに行くと、ヘモグロビン HbA1c の値が 6.8 なので立派な糖尿病だ といわれましたが、2006 年に次いで 2 度目の糖尿病宣告でした。さらに今度は生まれて初めて、糖尿病の治療薬を飲むことになりました。

武田製薬が去年開発したばかりの インクレチン関連 ( 血糖値が高い場合には インスリンの分泌を増強し、血糖値が正常あるいは低い場合には インスリンを増強しない ) という効能がある  ネシーナ 25 mgですが、10 月 5 日から服用を開始し 1 日 1 回  1 錠でした。

Tounyou

ところが薬の副作用のせいで頭が フラフラしたり、血糖値の方は朝食後 2 時間値が 85 に下がり、やや低血糖気味になりました。そこで翌日からは錠剤を半分に割り、朝食後に半分を、夕食後に残りの半分を飲みました。

すると頭の フラフラも少なくなり、しかも食後 2 時間の値も朝 ・ 夕共に 147 前後でやや高いものの、糖尿病の境界型の値なので、このまま血糖の コントロールが続けられるかどうか、試行錯誤しています。

父親も兄も糖尿病が原因で死亡したので、次は とうとう 私が脳梗塞 ・ 心筋梗塞であの世へ行く番かな (?) と思っています、 ハイ 。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »