« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月26日 (木)

スクール ・ ポリス制の導入を

警察庁 「 少年非行等の概要 」 から引用。

〔 修学旅行中の中学生による、教師に対する傷害事件 〕
中学 3 年生 ( 14 歳 )  5 人は、修学旅行のため乗車中の新幹線車内において、引率教師 ( 33 歳 ) に喫煙を注意されたことに憤慨し、教師に対して殴る、蹴るの暴行を加え、止めに入った 教師や生徒にも傷害を負わせた。

〔 中学生による教師に対する傷害事件 〕
中学 3 年生 ( 14 歳 )  は、清掃中 ふざけているのを教師 ( 28歳 ) から注意されたことに立腹し、授業終了後、鉄 パイプを持って職員室に押し掛け、同教師に殴りかかり、 全治 6 週間 の傷害を負わせた。

〔高 1 女子が教師を殺人未遂 〕
東京都 八王子市の私立女子高校で、高校 1 年生女子 (15) は、授業中に男性教師 ( 39 ) から遅刻を注意されたことに逆上し、胸など 3 ヶ所を果物 ナイフで刺して殺害しようとしたが、 2 週間 の傷害を負わせた。

友人に中学校の教師をする息子を持つ者がいるが、友人によれば学校内の生徒に対する 「 いじめ 」  だけでなく、 生徒が教師に対しても暴力を振るう時代 になったそうである。

その結果教師が下手に 「 いじめ 」 を注意して生徒に殴られたり刺されたりするよりも、 見て 「見ないふり」 をするか、「 あんまりするなよ 」 とやんわり注意するだけとなった。

「 悪る ガキ 」  の中には元気のある教師に対して、「 殴れるものなら殴ってみろ、暴力教師として 首にしてやるからな 」 と公然と挑発 ・ 脅迫する生徒もいるそうである。

どれほど悪行をしても義務教育の中学からは退学処分を受けない、教師に暴力行為を働いても相手から反撃されない。ではどうすればよいのか?。その答えは学校内における規律を守り、生徒や教師に対する犯罪行為を無くすために、アメリカ流に スクール ・ ポリスを導入することである。

School_campus

上の写真は クリーブランド南高校の駐車場において、この高校の生徒を逮捕しているところだが、少年審判所 ( 日本では家庭裁判所に相当 ) に送付された犯行で最も 一般的なのは、学校における 授業妨害 ( Disturbing  School  ) であった。

大津市の中学校における加害生徒のうち、転校した 2 名のその後については、自民党の片山 さつき議員のブログの紹介に興味ある情報があった。

http://news.livedoor.com/article/detail/6764706/

ちなみに アメリカでは州によって異なるが半分以上の中学高校に警察官が駐在し、中には ナイフや 拳銃の持ち込みを防ぐために、登校時に金属探知器を通過させる学校もある。いじめ防止に何の役にも立たず、責任感が欠落した大津市のような教育長や教育委員は不要である。

2012年7月12日 (木)

虫の好かない女

世の中には虫の好かない女がいるが、我が家の老妻もそのうちの一人である。本人によれば物心ついてから、蚊に刺されたことは数えるほどしかないとのことであった。

Niwak_2

老妻は草花が好きなので今頃の季節は、日没後に ネコの額ほどの狭い庭に出て、草花や植木の手入れをするが、蚊が少しも寄ってこないのだそうである。それだけでなく草木の生い茂る近くの里山公園に行っても、蚊に刺されたことなど無いとのことであった。

Kaame

子供たちによれば蚊に刺されないのは血が不味いからだとか、蚊の忌避する 臭いを発散しているのに違いないとのことであるが、この体質は亡くなった父親譲りで、姪も同様に蚊に刺されない体質の持ち主とのことであった。

父親と共通するのは 「暑がり」 ということであったが、そうであれば体の表面から排出する二酸化炭素の量が多いはずで、常識では蚊をより多く引き寄せることになるはずである。

ところで虫の好かない女と 50 年以上同居する私は、家の中では蚊の攻撃を一手に引き受けることになり、そのためには 「 蚊除け器具 」 の使用が欠かせない。

Katorikg

写真の 1 と 2 は アース製薬の 「 アース ・ ノーマット 」  で 3 は フマキラー ( 株 )の 「 おすだけ ベープ 」 、  4 ・ 5 ・ 6 は昔から使われている ベープの器具や、携帯用 ・ 蚊取り線香用具で腰に下げて使用する。

ここで各器具の 「 蚊除け効果 」 を宣伝 ・ 批判するつもりは無いが、私にとって 一番効果があると思われたのは昔ながらの蚊取り線香と、液体を染み込ませた マットを金属板の上で加熱する 4 ・ 5  の 「 ベープ ・ マット 」 であった。

期待外れだったのは、6 月に 2 個 購入した 60 日間使用可能という 「アース ・ ノーマット 」 で、書斎にある机の下に置いていても 足を刺されることもあった。

問題は食事中の蚊除けで、食事中にも食卓の下に蚊がやってくるので、写真の 7 の大日本除虫菊 ( 株 ) の キンチョールを事前に 1~2 回噴射したが、臭いで食事が不味くなると老妻から文句をいわれたので、見た目と臭いが少し マシ な、 3 の  「 押すだけ ベープ 」 を今月に購入して食事の前に 1 回噴射している。

例年梅雨入り頃から蚊が飛び回るが、夜間の冷房を始めるまでは ガラス窓を開け網戸から外気を入れて寝るが、部屋の中の蚊を追い払うのに蚊除け器具が必要になる。なにしろ家の中に紛れ込んだ蚊が狙うのは私一人なので---。

関西の夏は熱帯夜が多く、我が家では例年 7 月になると冷房をしたまま夜寝ることにするが、冷房を入れる 30 分~ 1 時間前前に 「 ベープ 」 と 「 アース ・ ノーマット 」 を使用して、蚊を寝室から完全に追い出すことにしている。

冷房開始と同時に蚊除け器具の スイッチ を切るが、これを忘れると、締め切った冷房中の寝室で 「 ピレスロイド系 」 の薬品成分により、  「 のど 」  だけでなく 生来  「 悪い頭 」 にも 頭痛を感じ、頭の働きがますます悪くなる

ちなみに 蚊 には 優れた防衛機能 を持つ老妻だが、ハチ には無力であり、刺されて医者に行く事態になったが、詳しくは下記を クリック のこと。

http://good-old-days.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-604f.html

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »