« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月26日 (土)

あ く ど い 商 売

1 : バ ー 「 お そ め 」

今から 6  0  年以上前の 昭和 2  0 年代のこと、京都祇園で芸妓を していた 上羽 秀 ( うえば ・ ひで ) という女性が京都の祇園 に  バー  「 おそめ 」 を開店 した。美人で接客上手な マダム ( ママ ) の 努力の甲斐あって、京都の 旦那衆 や 文人 たちも 顧客 になり、店は非常に繁盛 した。

Uebahide

昭和 3 0 年 (1 9 5 5 年 ) に彼女の夢であった東京銀座 に 同名 の バー  「 お そ め 」  を開店  したが、後援者の大きな 財 政 支 援 によるものであった 。彼女は毎週大阪から、当時の庶民にとっては、 「 高嶺の花 であった飛行機 」 で往復 し、「 空飛 ぶ マ ダ ム 」  ; と評判になった。

顧客の中には 川端康成、白洲次郎、小津安二郎 らがいたといわれている。ところがある日、偽洋酒事件が発覚 した 。当時の日本で最も名前の知られた外国産の高級 ウイスキー はアメリカの 「 ジ ョ ニ  黒  」 と い わ れ た  ジョニー  ・ ウオーカー  の 黒  ラ ベ ル であった。

大卒 サ ラ リ ー マ ン の 初任給が  1  万円の時代に 1 本 1 万円も した ウイスキー であるが、現代の給料に換算すれば、 2 0 万 に相当する   。参考までに ジ ョ ニ 黒 は、現在 1 本 1,800 ~  2,000  円前後で購入できる。

 

Blackraberu 

ちなみに私が フロリダ 州にある アメリカ 海軍飛行学校 に留学  した 1 9 5 7 年  ( 昭和 3  2 年 ) 当時、アメリカ の リ カ ー ・ ス ト ア ー ( Liquor store、酒 屋 ) では ジ ョ ニ 黑 が 1 本  5  ド ル ( 当時の為替  レート で 僅か 1,800 円 ) で 売 って いたのを見て、非常に驚いたが、日本の 六分の一  の値段であった。

ニ ッ カ や 寿 屋 ( こ と ぶ き や、後 の サントリー ) を保 護 するため に、高額の 輸 入 関 税 を 課 していたのであった。

偽 洋 酒 事 件 とは美人の マダム が バー テンダー と 共謀 し、 ジ ョ ニ 黒 ウイスキー 瓶 の 底 に 穴 を 開 けて 中身 を 抜 き 取 り、代わ り に 値段が 十分 の 一 以下 の 安 い国産 ウイスキー を詰 め 替 え、穴 を ガラス 細工用 の バーナー で 加 熱  して ふさ ぎ、偽 の ジ ョ ニ  黒の 瓶 を作りあげ、 バー  の客に提供 していたのが発覚 した。

それまで はこの方法により 「 ジ ョ ニ  黒 」 の 味が分からぬ 金持 ち 連中 から、笑 いが止まらないほど 毎日 稼 いだといわれている。

高い カ ネ を払って安 い 国産 ウイスキー を飲まされた文壇 ・ 映画監督 などの顧客は、芸者 あがりの  マ ダ ム の あ く ど い 商 売  に  怒 り 心 頭 に 発  し た が、彼女の 色香に迷い、味の違いに気付かなかった 「お の れ の 不 明 」 を 恥 じ る べ き で あった。

顧 客の信用を失墜 した店は つぶれ、彼女は世間から消え去った。ところが数ヶ月前の新聞 に偶然 上羽 秀 ( うえば ひで ) の 死亡記事が小さく出ていたのに気付 いた。 彼女は 9 0 歳 ( ? ) で 死 んだが、世間では 「 偽 洋 酒 事 件 」  のことなど覚えている者は、 も は や 少  数 に  な っ た が、  私もそろそろ 「 お迎え 」  に備えて、 「 終活 」 を しよう。

 

2 : 羊 頭 狗 肉 ( 商 業 道 徳 の 欠 落 )

 

中国のことわざに羊頭狗肉 ( ようとう  く に く ) があるが肉屋の店頭に羊の頭を掲げ、実際には 安 い犬の肉 を売ることであり、表示 と 実質が 一致しないことの たとえである。

 

今回の 阪急 ・ 阪神 ホールディングス 系列  ホテルの レストラン での食材偽装表示は、社長がいくら 偽 装ではなく 「誤 表 示」 だと 弁 解 しても 、リッツ ・ カールトン ホテル を含め 2 3 店舗 ( レストラン ) の 4 7 品目で表示 と食材内容とが異なるのでは、世間 の 納 得 を 到底 得られるものではない。

 

Shazai 

 

たとえば 1 キログラム 2 , 0 0 0 円もする、京都産 「九条 ネ ギ」 使用  と メ ニ ュ ー  に書きながら、実際は産地の異なる 1 キロ 8 0 0 円の  「 青 ネ ギ 」 を何年も前から使用 し続けて いた。

 

ところで 2 0 0 7 年には賞味期限切れの食品使用や、 客が食べ残 した料理 使い回 し が発覚 して、有名料亭の 船場 吉兆 ( せんば きっちょう ) が翌年 廃業に追い込まれるという事件が起きた。

 

阪急 ・ 阪神 ホールディングス の系列企業には 船場 吉兆や前述の バー 「 おそめ 」 同様に 商 業 道 徳 な ど 存 在 せ ず、あるのは 利 益 を挙げる こ と のみであった。 長年続いた食材偽装の発覚 により、阪急 ・ 阪神系列 ホテルに対する信用が、大き く 失墜  したことは間違いない。

 

江戸前期の 浮世草紙作者の 井 原 西 鶴  ( さ い か く ) が、著作 「 世 間 胸 算 用 」  ( せけん むねさんよう ) の中で、「 金銀は商人の氏 ( う じ )、素性 ( す  じょう ) な り、商人の 銭 ( ぜ に ) 無 いの んは、首無 いのん と 一緒 や 」 と 商 人 ( あきんど ) の 処世観というか 金銭哲学 を記  していた。

 

大阪人には 江戸時代 から 現代 に至るまで、旺盛な 拝 金 主 義 や 利 益 第  一主 義が D N A の中に、受 け継 がれているのに 違 いない。  ...

 

シルバー回顧録へ戻るには

2013年10月 2日 (水)

犠牲的精神

10 月 1 日午前、横浜市緑区中山町の J R 横浜線の川和踏切で、踏切内の線路上に倒れていた同区内の無職男性(74)を助けた同区台村町の会社員、村田奈津恵さん( 40 歳 )が、自身は脱出が間に合わずに普通電車にはねられ、死亡した。

Fumikirijiko

父親によれば踏切の遮断機が既に下りていて 「 危ないから止めろ 」 と警告したのを振り切り、遮断機の下をくぐって救助に行き事故に遭ったとのことであった。

J R における人命救助に絡んだ死亡事故に、 山手線 新大久保駅での乗客転落事故があったが、平成 13 年( 2001 年 )の 1 月 26 日の夜のことであった。

泥酔した男性が 駅の プラットホームから線路に転落し、さらに、その男性を救助しようとして線路に飛び降りた日本人 カメラマンと韓国人青年が、折から進入してきた電車にはねられ、3 人とも死亡するという事故が起きた。

人命救助のために自らの命を投げ出したこの事件は、美談として日韓両国で大きく報道されるとともに 、事故の犠牲者を追悼 ・ 顕彰する プレートが新大久保駅の ホームと改札の間の階段に設置され、救助を行った 2 人の遺族には、感謝状が贈られた。

Kenshou

住宅火災の際に、1 階に寝ていて 一度は外に逃げ出したものの、2 階にいて逃げ遅れた子供を救助するために父親 ( または母親 ) が、隣人の制止も聞かずに屋内に戻り、煙にまかれて焼死した例は時々 テレビや新聞で報道される。

Juutakuka

しかし見ず知らずの他人を救助するために、自分の命を危険にさらす行為は普通の人間にはなかなかできないことであり、 まことに称賛に値する

ところで私の記憶によれば 30 年以上前のこと、東京都内にある私鉄の駅の ホームで以下のような出来事があった。

2~3 歳の孫を連れた ババア が駅の ホームで電車を待つ間に、目を離した隙に孫が ホームから線路に転落してしまった。 ババアの叫び声を聞いた 20 歳代の駅員が線路に飛び降りて子供を ホームに抱え上げたが、運悪く電車が入って来たためにその駅員は電車にひかれて死亡してしまった。

ところが孫の命を助けてもらったその ババアは 事故のどさくさに紛れて孫を連れて姿をくらまし、その後は孫の命を救ってくれた殉職駅員の遺族に対するお礼や、弔意の手紙すらその駅に届けなかった。

因業 ババア は死後、地獄に堕ちたに違いないが、そういう恩知らずのズルイ人間が、この世の中にいることにも注意しなければならない。

今回の件で74歳の男性がなぜ線路上に横たわっていたのかは現段階では不明であるが、 仮に自殺目的 であったとすれば、 善意に基づく女性の崇高な行為は、(失礼な表現を敢えてすれば) 結果として無駄な死であった。  (合掌)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »