« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月29日 (火)

口約束だけで合意文書なし

12 月 28 日に慰安婦問題について最終合意に達したと日韓両国外相が記者会見をおこなったが、日本側が要求していた 「 最終かつ不可逆的な合意 」 とはならなかった。

なぜなら 慰安婦 ( 元軍人相手の売春婦 ) たちに日本が 10 億円の資金  ( 1 人当たり約  2,0 0 0 万円以上 )  を支出すると しながら、2011 年に日本大使館前に違法に設置した慰安婦少女像の撤去については、民間団体が設置したものであるからとして、 撤去は努力目標 としただけ であり、しかも会談の 合意文書も作成されなかった。

Gameian

お人好しの日本政府は 契約書 ( 合意文書 ) も作らずに 、10 億円を 見るからに貪欲で下品な 軍人相手の売春婦 たち 4 6 人に呉れてやるのか?。

韓国側からすれば、今回もまた日本の歴代首相に何度目かの謝罪をさせ、公式に軍の関与を認めさせ、カ ネ まで取って勝利 したと思っているに違いない。

仮に慰安婦少女像が撤去されたと  しても韓国人の性格 ・ やり方からすると、数年後に 少女像をまた設置 し、カネ を ゆする 材料にする可能性が 十二 分にある

平成 7 年 ( 1995 年 ) の戦後 50 周年記念日 に村山総理がいわゆる 村山談話を発表 し何度目かの謝罪を したにもかかわらず、韓国はその後何度も問題を蒸  し返  して来た。

Sundayt

英国の新聞 サンデー タイムズ によれば,「 謝罪の強要はそれ自体が罪である 」 とする文章を 1995 年 8 月 20 日に掲載した。それによれば、

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

第二次大戦中の残虐行為に対して日本政府に謝罪を要求するのは間違いである。日本が占領中におこなった行為の多くが正当化できないこともそのとおりである。それでもなお日本政府に謝罪を要求するのは間違いである。

人は自分の責任でおこなったことに対 してのみ謝罪できるのであって、半世紀以上も経ってから日本人に謝罪を要求するのは、罪を集団のものとするのみならず、 世襲 ( せしゅう )   のものとする点で間違っている。これは偽善と、道徳的 堕落を容認する ものである。

現在生きている日本人の大多数は戦争時には生まれていなかったか、小さい子供であった。残虐行為を犯 した人々がまだ生きていると しても、その数はごく少ない。

国であれ、人種であれ、階級であれ、宗教であれ、政党であれ集団に罪を着せることは間違いである。確かに集団を構成 しているのは個人だといえるし、そのとおりであるけれども、それを文字通り解釈 してはならない。

特にその集団が大きくなればなるほど罪を着せることは、単に誤りというだけでなく、大きな害を生み出すことになる。つまり個人の行為を消 し去ってしまい、集団の罪に転嫁させて しまう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

その行き着く先は被害側集団と加害側集団の怨念に基づく対立が果て しなく 続 くことである。何百年も---。

  韓国人は  カネ を得るため、利益を得るためなら、人を だますこと、約束を破ることなど、何とも思わない  カシコイ  民族である。

  https://www.youtube.com/watch?v=aXO6LfyfwSU

https://www.youtube.com/watch?v=8HZRDHxIzXk

1993 年のこと第 14 代大統領の金泳三は 「 慰安婦問題で日本が謝罪をすれば、物質的な補償は求めない方針だ 」 と明言した。 謝罪さえすれば問題が解決すると日本に ワナ を仕掛けた。

1998 年のこと、当時の高村外相 ( 自民党・高村派 ) によれば、日韓共同宣言をまとめた際に、第15代、 金大中大統領 ( 当時 ) から 「 一度謝れば韓国は 二度と従軍慰安婦のことは言わない」 と説得され、「 痛切な反省と心からのおわび 」 を明記 したと述べた。 

韓国とは 大統領の約束さえ信用できない国 であることを、我々は銘記 しなければならない。   パク クネ もその同類に違いない

 

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »