« マイ ナンバー ・ カード を貰った | トップページ | 救急車の初乗り »

2016年6月28日 (火)

古 き 良 き 時代 の こ と

日航 の 副操縦士 が 6 月27日夜 に 金沢市で 警察官 を 殴 って 現行犯逮捕 されたため、乗務予定だった 28 日朝の 小松発-羽田行き の便 を欠航 したと日航が発表  した。副操縦士 ( 4 2 )  は、「 酒 を 飲 んで いたので よ く 覚 え て い な  い 」  と 供述  し て いる。
 
日航によると、巽 ( たつみ ) 容疑者 は 、27 日夜、機長と 金沢市内 で 飲 酒  した後、ホテル の前 で 機長 を 殴 った。その後 通行人 の連絡で 駆 け 付 けた 石川県警 の 警 察 官 を 平手 で 殴 ったため、午後 10 時 15 分 ごろ、公務執行妨害 の 疑 い で 現行犯逮捕され 金沢中署に 留 置  された。

Jal738_2

 
 
そのため  28 日 午前 7 時 3 5 分発 の 日航 182 便 に 乗務 できず、代 わ り の パイロッ ト も 手配 できなかった。乗客 8 1 人 は、他社便 や 次 の 便 に 乗 り 換 えた。
 
 巽 容疑者 と 同乗予定 だった男性機長 ( 4 9 )  も、飲酒 に 関 する 社内規定 に 違反  した可能性 もあ り、同社 が 確認 を 進めて いる。 同社 の 規定 では、パイロッ ト の 飲酒は 、出発時間 の 1 2 時間前 までと 定 められている。日航は 「 多大なご迷惑をお掛け して深 く おわび します 」 と  コメン ト して いる。
 
私が民間航空 に 転職  し、機長 になったのは 3 年後 の 昭和 4 3 年 ( 1968 年 ) のことであった。その当時 は 正月 三ヶ日  ( さ ん が に ち )  に 地方 の 空港 へ 飛 ぶ と、 パイロッ ト の休憩室 に は 「 おとそ 」 と 「 おせち 料理 」 の入った重箱が 用意 してあり、空港代理店 の 店長 などに 勧 められて 料理 をつまみながら、お屠蘇 を ちょこ で 2 ~ 3 杯 飲 んだものだった。
その 当 時  「 お と そ 」  で 酔 った  パ イ ロ ッ ト の 話 など 聞 い たことが な く 、各自 は 乗客 に 対 する 責任 を 自覚  して いた。

Otosoosechi

 
その後  昭和 5 2 年 (1977 年) 1月 13 日に、日航 の D C-8-62 A F ( 貨物機 ) の 機長 が、酒 に 酔 った 状態 の ま ま アラスカ 洲 ア ン カ レ ー ジ 空港 から 名古屋空港 へ 向 けて 午前 6 時 35 分 に 離陸  し、その 直後 に 墜 落 炎 上 す る 事 故  が 起 き た。下の 写真 は 、雪原 の 墜落現場。

Jal19770113_2

 
この事故 で 乗員 3 名、貨物 である 牛 5 6 頭 と、その 世話係 2 名 が 死亡  し た。米国 の N T S B ( National Transportation Safety Board 、国家運輸安全委員会 ) による事故調査 の 結果、機長 の 遺体 から 多量 の アルコール 分 が 検出 され、酩 酊 状 態 の ま ま 操 縦 し た こ と が 判 明 した

Yasuichecher

 
それ 以後 日本 の 航空業界 では、パ イ ロ ッ ト は 飛行前 に 懐中電灯状 の アルコール 検知機器 に 呼気 を 吹き つける  検査 が、おこなわれるようになり、正 月 の 「 お と そ 」 も 出 な く なった

 

 

 

« マイ ナンバー ・ カード を貰った | トップページ | 救急車の初乗り »

コメント

キャプテンお久しぶりです。お元気そうで何よりです!しかし…一個人のモラルの欠落として片付けられる問題ではありませんよね!昭和60年悲劇での教訓、学んだ事、悲しんだ事、活きてない…私は酒を一滴も飲まないので生意気かもですが、酩酊状態で覚えてないって?パイロット以前に社会人の大人としてアウト!私は国内外問わず経営破綻後のJ社には一度だけMD90に乗りたくて利用しただけで他はキャプテンのいらした社をあえて選んでいます。やっぱり乗らなくて良かったと…かつてのナショナルフラッグシップも地に落ちたものです。まだまだ梅雨も明けぬ嫌な季節ですが、どうぞお体ご自愛下さい!引き続きブログ更新楽しみにしております。

コメントを頂きありがとうございます。

乗務の 12 時間前から禁酒の規定を破っただけでなく、上司である機長に暴力を振るったとは言語同断の行為であり、公務執行妨害、警官に対する暴力行為で逮捕され、翌日の便を欠航させた件など日本の航空界でこれまで聞いたことがなく、常識的には懲戒解雇は免れません。

しか し現状において パイロット 不足であり将来 もさらなる不足が予想されるため、定年を 6 7 歳まで延長する案も出ているほどですので、副操縦士は解雇されないと思いますが、他社とはいえ乗員の質の低下には驚いております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古 き 良 き 時代 の こ と:

« マイ ナンバー ・ カード を貰った | トップページ | 救急車の初乗り »