« 最後の北海道旅行 ( その 1 ) | トップページ | 最後の北海道旅行( そ の 3 ) »

2016年9月17日 (土)

最後の北海道旅行 ( その 2 )

私が初めて北海道を訪れた昭和 3 4 年 ( 1959 年 ) 当時の未舗装の道路の件については前回述べたが、道路の悪さは何も北海道だけに限ったことではなく、昭和 2 4 年 (1949 年 ) 二月号の科学雑誌  「 科学朝日 」 には道路調査の結果がある。

それによれば、東京から名古屋までの東海道 ( 交通の大動脈、国道 1 号線 ) の舗装率は 4 0 パーセント 程度であった。まとまって舗装  してあったのは東京から箱根の 「 宮ノ下 」  までと、富士川  ・  安倍川 間の 静岡付近、それに名古屋 の 手前 の わすかな距離 だけだった。

あとは町の中だけでも舗装  してあればま  しな方で、大部分は荒れ放題の砂利道だったとあった。

アメリカ占領軍の専門家が日本の道路のあまりのひどさを見て、「 この国にあるのは 道路ではなく、道路予定地ばかりだ 。これほど道路建設を軽視  した工業国はないだろう 」  と 感嘆 ( ? )  したそうだが、昔の道路事情を知る者にとって、現在の道路網の整備 ・ 発達は文字通り 隔 世 の感が した。

言い忘れたが今回の旅行には 4 年前に軽い脳梗塞を起こ  した私 と、去年背骨の圧迫骨折を した老妻 のために、横浜に住む大学生の孫を ボディー ・ ガード と  して連れて行くことに  した。

Jijibaba

札幌にある スキー の ノーマル ヒル( Normal Hill ) ジャンプ 台のある大倉山  シャンツェ  は以前  下から見たことがあるが、孫が初めてなので市内観光 バ ス に乗って行 く ことに   した。

バ ス を降りてから リフ ト の乗り場に向かう私の後姿を見て、8 3 歳であることを聞 いた バスガイ ド が老妻に、「 一人で大丈夫ですか ?」 と聞 いたので、孫が護衛 に付いている旨を答えたとの ことであった。

自分では未だ足腰が しっかり しているつもりでも、他人が見ると ヨ ボ ヨ ボ の 「 じ じ い 」 に見えたのに違 いない。そう言われてみれば 大阪からの往復の飛行機 ・ ホテル ・ 観光 バ ス の中で、ハ ゲ と白髪頭の私よりも年上と思われる 老人 にはお目に掛からなかった。

リ フ ト で上りながら ジャンプ 台を見ると 4 0 度近くある助走帯 ・ 着陸帯の傾斜のすごいこと ! 。 「 白い棒 」 のように見える レール の上方から滑降を開始するが、1 2 0 メートル もの距離をよ く 飛べるものだと 感心  した。

Chakuchitai

こんな傾斜を滑降  し 2014 年の ソチ ・ オリンピック 日本代表。2013 年  ( 17 歳  ) 世界選手権混合団体金 メダリスト、個人銀 メダリスト。スキー ジャンプ ・  ワールド カップ でこれまで女子の歴代最多の 4 4 勝  した、高梨沙羅 ちゃんの度胸 の良さには感心  した。

Janpudai

スタート地点の上にある展望台から  ジャンプ 台を見ると、高所からの眺めには慣れて いたはずの私でも、 あそこ が縮み上がった。

ところで 高所恐怖症 の人は パイロット になれないと思うのは間違 いで、私の友人のパイロット に奈良県 ・ 吉野郡 ・ 十津川村にある 谷瀬  ( たにぜ ) の吊り橋、長さ 2 9 7 メートル、高さ 5 4 メートルを、 恐ろ し く て 1 0  メートル  しか渡れずに引き返  した男がいた。

Ferriswheel

一説によれば 地表と  直接  ・  間接的  ( 例えば観覧車 )  に接  して いると高所に 恐怖を感  じるが、地表との 縁が切れると、恐怖感が無 く なると いわれて いる。

その証拠には飛行中の 飛行機の窓から下の景色を見 て 高所恐怖 を感 じる者は無 く、高所恐怖症 になった者の話など聞 い たことがな い。

 

 

 

 

« 最後の北海道旅行 ( その 1 ) | トップページ | 最後の北海道旅行( そ の 3 ) »

コメント

こんにちは、キャプテンの話が更新されるのを楽しみにしてます、そして現在66歳のわが身のこれから先、くたばる迄のパスの参考にしてます。
私も若いころは何回も札幌全日空ホテルに宿泊して北側の部屋のとき窓の外の遠方にスキー・ジャンプ台のようなものがあるのは気が付いていたのですがそれが大倉山ジャンプ台だと知ったのは最近のことでした。
もう20年近く札幌市内には行くこともなく、くたばるまえには頑張ってセンチメンタル・ジャー二をしたいと思います。
高所恐怖症のパイロットはいないということですが
、日常それは厳しい訓練・審査にうらずけされた自身の技術への自信が恐怖心などを寄せ付けないということでしょうか。

コメント を頂きありがとうございます。
歳をとると頭の働きが悪くなり、ブログ や ホームページ の更新も タ ネ 切れでたいへんです。

札幌全日空 ホテル は千歳便 パイロット の常宿で したので、何度も泊まりま した。

奇妙なことに国内便では パイロット と C A ( 客室乗務員 )が同 じ ホテル に宿泊することは 少ないのですが、その理由について 一説によれば、「 男女間で問題が起きないように 」 との会社の 「 暖かい親心 」 だとか、契約担当者の 「 やきもち 」 からだとの話で した。

しか し 海外の 運航宿泊 では パイロット と C A が同 じ ホテル に泊まるのに、前述の 「 親 心 」 は 国内 限り と いうことになります。

ところで最後の北海道旅行の続きは、次の小樽で終わりにします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178058/64217221

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の北海道旅行 ( その 2 ):

« 最後の北海道旅行 ( その 1 ) | トップページ | 最後の北海道旅行( そ の 3 ) »