« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月27日 (月)

( そ の 2 )、 佐久間艇長の話

今年 8 3 歳 以上の人は 国民学校 ( 小学校 ) 6 年 の 「 修身の教科書 」 で、「 沈 勇 」 と 題  して記 されていた、佐久間 艇長 (1879 ~ 1910 年 ) の 話を 習ったはずである。

第 6 号 潜水艇は それまでの 潜水艇 とは 異 なり、日本海軍 初の  国産 による 潜水艇 であった。

Submarine4

明治 4 3 年 ( 1910 年 ) 4 月 15 日 のこと、佐久間 大尉 を 艇長 とする 第 6 号潜水艇は 山口県 新湊  ( 山口県 熊毛郡 平生町 新湊 )  沖で 半潜航 訓練中 に 故障 により沈没 して、佐久間艇長以下 14 名の乗組員全員が艇内に 閉 じ込められて殉職 した。

二日後の 4 月 17 日 に第 6 潜水艇 が引き揚げられたが、乗組員 1 4 名中 1 2 名 は 自身の持ち場を離れず死亡  しており、持ち場以外にいた 2 名の 乗組員 も 潜水艇 の 修繕 に全力を尽 く  して いた。

この 事故 より先に イ タ リ ア 海軍 で 似 たような事故 があった際には、乗員が 脱出用 の  ハ ッ チ に 折 り 重なった り、他人 よ り 先 に 脱出 しようとして乱闘を したまま死んでいる 醜 態 を 晒 し て い た た め、帝国海軍 関係者も 最初 は それを 心配  していた。

ところが、実際にはほとんどの乗員は配置 についたまま殉職 し、さらに 佐久間艇長は 事故原因や 潜水艦の 将来、乗員遺族 への 配慮 に 関する 遺書 を 認 (  したた ) めていたため、これが  「 潜 水 艦 乗 組 員 、か く あ る べ し 」  と い う こ と で、海外などでも大いに評価 された。

Tsutomusakuma

佐久間自身 は、艇内に ガ ス が 充満 して 死期が迫る中 遺書を書き、明治天皇 に対 して潜水艇の 喪失 と 部下 の 死 を 謝罪  し、続 いて この事故 が 潜水艇発展 の 妨 げ にならないことを 願 い、事故原因の 分析 を 記 した後、次のような遺言を書いた。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

小官の不注意により 陛下 の艇を沈め 部下 を殺す、誠に申 し訳 な し。
されど艇員一同、死に至るまで皆よくその職を守 り沈着に事を しょせ り。
我れ等は国家のため職 に倒 れ死 といえども、ただただ 遺憾 とする所 は
天下の士はこれの 誤 りもって 将来潜水艇 の発展に 打撃 をあたうるに至らざるやを
憂 うるに あ り。

謹ンデ陛下ニ白 ( まお ) ス
我部下ノ遺族 ヲシテ 窮 スルモノ 無 カラシメ 給 ハラン 事 ヲ
我念頭 ニ 懸 ルモノ 之 レアルノ ミ
( その意味 )
謹んで陛下に申 しあげます。私の部下の遺族が生活に 困 窮 ( こんきゅう ) することのないように宜 しく お願い申 し上げます。私の頭 にある 心配 とはそれだけでございます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2017年11月24日 (金)

潜水艦 の 沈没 ( そ の 1 )

南米 アルゼンチン の南部 沖で 11月15日 から消息を絶っている同国海軍の潜水艦 サン  フアン (  San Juan、乗組員 4 4 人 ) について、海軍当局者は11月 22 日、艦内 の 酸素 が 残 り 少 な く なっている 可能性 があ り、 「 重大 な 局面 」を迎 えた と 述 べた。

Aruzenchinsub

米英 や ブラジル など他国も協力して、 潜水艦に対する 懸命の 捜索 が 続 いている。

Submarinec_2

 現地からの報道によると、同艦と最後の通信があったのは11月15日 朝、南部 バルデス 半島の沖合 約 4 3 0 キロ の 海域 。その 後、こ の 海域で 爆発 のような音が 探知 されたとされるが 、関連 は 不明 という。空 と 海から捜索 しているが、天候不良で難航 している。

 食料は 2 0 日分あるというが、海軍当局者は 「 海面に浮上 し、酸素 を補給 できないとすれば重大な局面にある 」 と述 べた。酸素 は 7~10 日 間 程度 しか 持 たないとされる。

 サンフアン は 1983年、 ドイツ で建造された艦齢 3 4 年 の老婆  ディーゼル 式 発電機 で、全長 6 6 メートル、最高速度 4 5 k m / h、航続距離 22,224 k m 、南部の マゼラン 海峡に面 した港町 ウシュアイア ( Ushuaia ) にある アルゼンチン の 海軍基地 から 東部 マル デル プラタ ( Mar del Plata ) にある海軍基地に向かっていた。

核実験を監視する ウィーン の 包括的 核実験禁止条約 機関 ( C T B T O  ) は 先週 「 異常な 1 回限りの、短く、激 しい、核活動ではない事象 」 を南大西洋で検知 していた。米国も同 じ場所で大きな音を探知 していた。

知らせを受けて、行方不明の乗組員の家族は悲 しみと怒 り に包まれた。アルゼンチン 海軍の 報道官 エンリケ ・ バルビ 大佐は、C T B T O から11月2 3 日に 爆発音の検知について連絡を受けたと語った。

発表文によると、包括的 核実験禁止条約 機関 ( C T B T O ) は水中音波の 観測所 2 カ 所で 「 水中衝撃の事象 」 による 信号 を検知 したという。

潜水艦で起きた過去の事故

潜水艦の事故は珍 しい。以下は過去に起 きた最 も深刻 な 事故の 一部。

  • 2003年、中国の明型潜水艦 361号の ディーゼル エンジン が不具合を起こ し、艦内の酸素を消費 したことから 乗組員 7 0 人全員が酸欠で 死亡。

  • 2000年、ロシアの原子力潜水艦 クルスク が バレンツ 海で 訓練中に魚雷が爆発 し沈没。乗組員 1 1 8 人が死亡。このうち 2 3 人は爆発で死亡  しなかったが、その後の酸欠で命を失った。
  • 1968年、米海軍の原子力潜水艦 スコーピオン が大西洋で沈没 し 9 9人が死亡。魚雷の爆発が原因だった可能性がある。
  • 1963年、米海軍の原子力潜水艦 スレッシャー が深海潜行試験中に沈没 し 、乗組員 1 2 9 人全員が 死亡。現在に 至るまで 犠牲者の数は 過去最悪。

2017年11月19日 (日)

運転免許更新に認知症 テスト

前回の運転免許の更新が最後だと思っていたところ、思 いもよらずに 8 4 歳まで長生きを して しまった。 79 歳 の老妻 との二人暮ら しには買い物 ・ 医者通 いに車は必需品なので、あと数年 ( 死ぬまで ) は車が手放せない。

運転免許の更新時期が来るのの早いこと、この前更新 したと思ったら、昨日 「 認 知 機 能 検 査 ・ 高 齢 者 講 習」 の ハ ガ キ が 県の 公安委員会 から届いた。

Untenmnk

私の誕生日は来年の4月なのに 赤字で「すぐに 検査 ・ 講習 の 予約申込を しないと、更新できなくなる場合があります」と書いてあった。

そこで最寄りの 自動車教習所 に予約申込みを したところ、一番早い日の予約 が 来年の 4 月 21 日 とのことで、5 ヶ月も先の 予約 をすることになった。 何かが 狂っているように 思 えてならない。

若者の 自動車 離 れの結果、自動車教習所が 100 ヶ所 以上 廃業  したといわれているが、警察官の天下り先である自動車教習所 と 警察官僚 との 「 腐 れ 縁 」 については、以前書 いた ブ ロ グ や H P を見て頂 こう。

<p></p>

http://good-old-days.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-cc69.html

http://good-old-days.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-db85.html

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »