« ( その 3 ) 水中 爆発音 の ナ ゾ | トップページ | 相 撲 の 話 ( その 2 ) »

2018年4月12日 (木)

私は女相撲の興業を見た ( その1 )

東京の豊島区 巣鴨には 「 お婆ちゃんの原宿 」  などと呼ばれる 地蔵通り 商店街 があるが、昭和 8 年 ( 1933 年 ) 生まれの私は子供の頃に、 毎月 四の付く日の縁日 には兄・姉たちと一緒に  「 ト ゲ 抜き地蔵 」  と呼ばれた 高岩寺 ( こうがん じ ) によ く お参りに行き、夜店を見物 したものだった。

https://www.sugamo.or.jp/prayer_detail01.html

Onnasumo

この辺 一帯は昭和 20 年 (1945 年 ) 4 月 13 日の 米軍機による大空襲 で 一面焼け野原になったが、焼失前の 高岩寺 は今と違い広い 境内 だった。多分昭和 15 ~ 16 年 ( 1941 年 ) 頃の事だったと思うが、ある時、高岩寺の境内 で 「 女相撲の興行 」 があり、当時  6~7 歳だった私は 父親 に連れられて見に行った記憶がある。

男の力士と同様に太った体格の女性の 力士 で、乳房を出 したままであった。当時 どころか 昭和 30 年代初 め 頃までの女性は、公衆の 面前 で 乳房 を見せることに、あまり 羞恥心 を持たなかった。

    http://www.rose.ne.jp/~ooha/hai-bnk-1.htm#junyuu

 

救命活動中の女性に 「 土俵から降りろ 」 と 何度も アナウンス があったことが報道されている。  土俵は 「 女人禁制 」  が 伝統 と信  じている一部の牢固な観客が声を上げたので、若い行司が慌てて アナウンス したと協会は説明 したが、現場にいた 巡業部長 はそれに対 して何の行動も しなかったことが判明 した。

相撲界に はびこる 「 女人禁制 」 の因習を 教条主義的に 支持 ・ 理解  している相撲協会という 名 の カ ル ト ( C u l t ) 集団 は、悪しき伝統 因習を早急に見直すべきである。

« ( その 3 ) 水中 爆発音 の ナ ゾ | トップページ | 相 撲 の 話 ( その 2 ) »

コメント

お元気そうで、ホッと致しました。
枚方で高速と路線でバスに乗っております。
先月の終わり頃、久々にお邪魔しましたら、
なんと!去年の暮れから更新がないではありませんか!
本当に心配致しましたが、よかったです。
ところで私、よく関空までバスを走らせるのですが、風がとにかく強いのです。ハンドルが取られそうになることもあります。手袋もビショビショです。が、4号湾岸線から関空連絡橋に入ったら、遠目にランウェイ06からポジティブに上がって行く飛行機の姿があるではありませんか!
地に足がついてるバスでこれだけ神経使うのに、あの風の中を飛び上がると言うのですから、到底考えられません。航空機訓練の鬼のような厳しさが本のすこーし、垣間見えたような気がします。
金野先生!恐れ入り奉りますm(_ _)m


ブログ を御覧頂きま してありがとうございます。
私は4月で 85 歳になりましたが、耐用年数 が近づいたせいか 身体の各部に ガ タ が来て、しばらく ブログ から遠ざかっていた次第です。

これからも、ときどき休みながら、「お迎え」が来るまで続けるつもりです。


おお〜!!
非常に嬉しいです。元国際線機長と言う貴重な方からご返信頂けるなんて!それもお疲れのところ、耐用年数などなど、いつもの金野節でのご返信伊丹いります。
…間違えました、痛み入ります。

今や耐用年数100年以上の時代、離陸許可はまだまだまだまだ出ませんよ!20年以上は(笑)

楽しく楽しく拝読させて頂いておりますので、先生の暇つぶし程度に
お願い申し上げます。

本当にありがとうございます。
失礼致しました。

シロート

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178058/66602471

この記事へのトラックバック一覧です: 私は女相撲の興業を見た ( その1 ):

« ( その 3 ) 水中 爆発音 の ナ ゾ | トップページ | 相 撲 の 話 ( その 2 ) »