« 2019年1月 | トップページ

2019年2月28日 (木)

前立腺 ガ ン の 疑 い ?

私は来月 8 6  歳 になるが、知人が最近 前立腺 ガ ン で死亡  したために、糖尿病と脳梗塞の予防薬を毎月 1 回もらいに行 く 医師 のところで、前立腺 ガ ン の 指標である P SA  ( 前立腺 特異抗原 )  の 検査 を 依頼 した。                      

その検査結果によれば、4.0 が正常値の上限のところ、5.39 の 値 が出たために、私が住む市ではなく、隣接する 市 にある 病院 の 泌尿器科 に 紹介状 を 書 いて 診察 を 受けるように 手配 して く れた。

朝 8 時半に 病院 に行 く とすでに 受付 は 混雑 して いたが 、紹介状 のおかげで その後の 血液検査 ・ 検尿 ・ 腹部 エ コ ー 検査 など 順調 に行った。

最後に 泌尿科医 に 呼 ばれて 診察室 に 入 ったが、検査結果 を 聞かされて 驚  い た。 「 P S A   の 値 は、上限値  4.0 のところ、1.016 で 異常 な し 」で あった。念のため 肛 門 から 指 を 入 れられ 直腸 から前立腺  の 触診 (  し ょ   く  し ん ) をされたが、ガ ン  ( 固  い  し こ り )  は無 かった と の こ と で あった。

なお念のため 三 ヶ月後にもう 一度検査 に 来 るようにいわれて帰宅 した。 その後 調 べた 結果 によれば、前立腺 ガ ン は進行 が  一般 に 遅  く、患者 が  高 齢 ( 75 歳以上 ) の場合には 手術 をせず、定期的 に 血液検査 を しながら 経過 を見守る  監視療法が、選ばれる 場合が 多 いとの ことであった。

私の海上自衛隊の 同期生 の中にも 前立腺 ガ ン にな り、全摘手術を受けた者、放射線療法を した者、シャープ ペンシル の 芯 ほどの太さの 小 線 源  ( ヨ ウ 素 125 の、放射性同位元素 ) を 前立腺内 に 5 0 本も 埋 め 込 んで、俺 の は 「 筋 金 入 り だ ぞ 」  と自慢  して、ガ ン を制圧 した者が いたが、放射線療法に 頼った者 は ガ ン が 転移 して、治療 から 7 年後に 死亡 した。

https://www.nmp.co.jp/seed/about/brachytherapy.html

アクセスカウンター

 

2019年2月 3日 (日)

J A L 機 の 芋 掘 り

2 月 1 日 の 午前 6 時 55 分 のこと、イ ン ド の デ リ ー 発 成田行きの J A L 740 便、ボーイング 787 型機 が成田空港に着陸後、滑走路から 誘導路 に出た際に 左側 の 主車輪 が誘導路から脱輪 して 、雪解 けの ぬかるみ に 車輪 が 埋まって動けな くなった。

Imohorisharin

雪の影響で スリップ したとみられるが、 A 滑走路 は 午後 2 時 50 分まで、7 時間にわたって閉鎖された。そのために、  成田 到着予定の 10 便以上が 羽田 などへ 行き先を 変更 し、4 0 便 以上が 欠航、2 5 0 便以上が 遅延  した。

成田空港にある気象台によると、1 日未明、積雪が多い時で約 2 センチ あり、午前 7 時ごろの気温は氷点下 0・8 度だった。成田国際空港会社 ( NAA ) は、付近で 一部 路面の凍結 を 確認 しながら  「 運用上問題 はな い 」 と判断 して いた。

前日夜に滑走路と主要な 誘導路 には 凍結防止剤 を 撒布 したが、脱輪 が 起 きた 場所では 撒 いて いなかったとのことである。

下記の ブ ロ グ を 読まれた し。

http://good-old-days.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_8c9c.html  ( 前 車 の 轍 )

http://good-old-days.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_edd6.html ( 芋 ほ り )

アクセスカウンター

 

« 2019年1月 | トップページ